初心者にもオススメ!自然との一体感が味わえるSUPの魅力と始め方 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

初心者にもオススメ!自然との一体感が味わえるSUPの魅力と始め方

2021.05.28

皆さんは「SUP(サップ)」をご存じですか?「SUP(サップ)」とは、「Stand Up Paddle Board」を略したものです。海、湖、川にボードを浮かべて、その上に立って「シングルブレード」と呼ばれるパドルを使い、漕いで前に進むアクティビティーです。ボードの上に立つと不安定で、バランスを取るのが難しいと思いますが、慣れればその日のうちにある程度乗りこなせるようになります。流れが穏やかな湖でのんびり乗るのもよし、川でアクティブにダウンリバーをするもよし。自由度がとても高いウォータースポーツなのです。

今回は、まだSUPを楽しんだことがない皆さんに、SUPの基本とその魅力をお伝えします。

SUPの種類と価格帯

初めてSUPを体験する場合は、まずツアーに参加することをおすすめします。ガイドが基本的な漕ぎ方や、落水した時のボードへの戻り方などを教えてくれます。またボードやバドルだけでなく、ウエットスーツやライフジャケット(PFD)もレンタルできるので、気軽に体験できますよ。ガイドが「川のこんな流れのところでは気をつけてください」などフィールドの状況に応じた安全対策を教えてくれるので、SUPを楽しむ上で気をつけるポイントも学ぶことができます。

ツアーに参加して面白いと思うようになると、「マイSUP」が欲しくなってきます。SUPを購入する際には、長さと幅に注意してください。長いものはレースや長距離移動に向いています。幅の広いものは、川でダウンリバーするのに向いています。初めてSUPを購入するのであれば、「オールラウンドタイプ」と呼ばれているものをおすすめします。

ボードは「ハードタイプ」のものと「インフレータブルタイプ(空気で膨らますもの)」の2タイプがあります。インフレータブルのものは、丸めて車に積むこともできますし、専用の大きなキャリーバッグの中に保管できるようになっているので、電車で持ち運ぶこともできます。ちなみは私はオールラウンドタイプとダウンリバー用を持っています。どちらもインフレータブルです。ただし、インフレータブルのサップはエア漏れする可能性があるので気をつけましょう。

価格帯は10万円から15万円くらいです。パドルとリーシュコード(ボードと体をつなぐ紐)、ポンプがセットになっているものもありますし、パドルが別売りのものあります。パドルの価格帯は1万円から2万5000円くらいです。

SUPをするときに気をつけること

川や湖で行なうアクティビティーですので、安全対策が必須。自分の身は自分で守るのが基本です。以下の点について注意してください。

1.ライフジャケット(PFD)は、必ず身につけるようにしましょう。ホワイトウォーター用などいろいろな種類があります。ライフジャケットの価格帯は、5000円から2万円くらいです。

2.リーシュコード(ボードを体をつなぐ紐)は正しい場所に付けましょう。一般的には、足首やひざ下あたりに装着します。川では、クイックリリース機能があるライフジャケットに装着するのが一般的です。リーシュコードには、「コイルタイプ」、「ストレートタイプ」があります。

3.服装に気をつけてください。水は空気よりも早く体温を奪っていきます。体温の奪われ方は静水と流水でも全然違います。濡れた服で漕いでいると、外気温が低く風が強い場合、短時間で体温が奪われてしまいます。ウェットスーツを着た方が安全です。また、足元にも注意が必要です。場所によっては裸足でもできますが、安全のためにウォーターシューズを履くことをおすすめします。ボードを落ちた時に足を守るためです。

4.安全のため、なるべく1人で行かないこと。仲間と一緒に行きましょう。SUPは落ちることが前提のスポーツです。SUPの上にリカバリーできない時、パドルが流された時、リーシュが外れた時など、複数人いれば、助けたり、通報したりすることができます。

5.自然は逃げないので、風が強い時や、水の流れが早い時は無理はしないようにしましょう。特に川でやろうと思っている人は、必ずツアーに参加してください。川は、地形によって水の流れが変わります。例えば、「バックウォッシュ」と呼ばれる上流へ巻き返す循環流に入ってしまうと、一人で脱出することは難しいです。また、「ストレーナー」と呼ばれる、流れてくる水を通すが、人やボードなどの物体は通さない岩や木などの隙間のある障害物は、近づいてはいけない場所です。その他にも、川にはさまざまな危険がありますが、リバーサップのガイドはトレーニングをしていますし、川の特徴をよく知っている人たちなので、ツアーに参加したほうが安心です。

SUPを楽しもう!

私は、川でSUPをすることが多いのですが、自然の中でSUPを楽しむ中で学ぶことがたくさんあります。それは、私の人生感を変えてしまうくらい。

SUPがここ数年で流行っているのは、どこでもできるという手軽さと、SUPが手に入りやすくなってきていることが理由として考えられますが、魅力はそれだけではありません。

私が思うSUPの魅力は、遊び方の自由度が高さと、不安定さにチャレンジしていくことの面白さだと思っています。最初はバランスを取るのが難しくて、恐怖感があると思いますが、徐々に乗りこなせるようになってくると恐怖感は消え、ドキドキワクワクする感情が生まれてきます。さらに、テクニックを習得するにつれ、自分の上達ぶりに喜びを感じるようになり、どんどんSUPの世界にハマっていきます。

1人で乗るだけでなく、湖などの流れが緩やかなところであれば、SUPの上でヨガをやってみたり、横たわって自然を感じることもできます。また、人が集まれば組体操などもできるので、子どもから大人まで、みんなで楽しめます。

SUPの上で感じる水の音や風の気持ち良さは、自然と一体化するような感覚を味わうことができて、とても気持ちがいいですよ。自分の好きな川や湖を見つけたり、季節ごとに違う自然の様子を楽しんだりすると、これがまた最高です。

そして、自分が好きなフィールドの自然に愛着が湧き、環境を守ることにも意識がいくようになります。自然との距離が近くなり、気持ち良く体が動かせるSUPを、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

私が書きました!
キャンプ指導者
かつお
静岡県在住のキャンプ屋さん。中学生の時に10泊11日のキャンプに参加して以来キャンプの魅力にハマり、大学生からキャンプの指導者になる。多い時は年間130日ほどのキャンプ生活をしたことも。本来は山好きだが、ここ数年は水系のアクティビティーにハマっている。自然の中での活動は、自分と向き合うことができる大切な時間だと思っている。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿写真

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。