天体観測に向く双眼鏡ってどんなモデルがいいの? | BE-PAL

天体観測に向く双眼鏡ってどんなモデルがいいの?

2018.01.28

ベストは倍率6~10倍、レンズ30~50㎜

双眼鏡で天体観測したい。そんなとき、高倍率がいいと考えがちだが……、そうではない。三脚に固定して使う天体望遠鏡とは違って、双眼鏡は手持ちで使うことが多いので何十倍もの高倍率モデルはNG。野鳥観察にも活用するなら6〜10倍がお薦め。

対物レンズ口径は大きいに超したことはないが、大きくなればとうぜんサイズも大きく、重くなる。したがって、手持ちで使うことや携帯性を考えると30〜50㎜程度がベストだ。

上記を満たすモデルは1万円台~6万円以上と大きな価格差があるが、その違いは見える像のクォリティー。とはいっても、1万円台の初心者向けでも十分に星空観測は楽しめる。よりクォリティーの高い明るくクリアな像を求めるならば、それなりの投資が必要になる。

双眼鏡の部分名称を覚えよう!

※構成/坂本りえ 撮影/中村文隆

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。