【山菜入門】山菜ビギナーも見つけやすい「ワラビ」の見分け方

2017.05.12

「ワラビ」は、日本全国で古くから食べられてきた春の山菜の代表選手! 食べるにはアク抜き処理が必要だが、群生するので見つけやすく、間違いやすい毒草もないので、山菜ビギナーにオススメだ。

ワラビの特徴とは?

ワラビ科。多年性シダ植物で、平地から山地まで、日当たりのよい草地や土手、林縁、伐採地などに生える。

日本全土に分布している。高速道路ののり面などにも生える。木々を伐採して日当たりがよくなった場所に、最初に進出する植物といわれる。

食べるのは若茎と、こぶし状の若芽で、葉が開く前が採りごろ。若茎を下から上へと指でしごいて、自然にちぎれる部分から上がおいしい部分。

生長すると高さ1.5mほどになる。成葉は「2~3回羽状複葉」と呼ばれる複雑な構造で、全体の形は卵状の三角形。根茎は良質のでんぷんを含み、ワラビ粉としてワラビ餅などに利用される。

平地でも山地でも日当たりのよい場所を探そう。茎は小指の太さくらいがベスト。翌年も芽が出てくるよう、根は掘り採らないこと。
 タラノキの若芽がタラノメ。春先、直立した幹の先端に若芽がつく。

採れる時期

4~6月。例えば、海が近く温暖な気候の神奈川県鎌倉市では通常、4月中旬ごろから採れはじめる。比較的、長期間楽しめる山菜なので、低地で採り終えたら、山地に移動してチェックしてみよう。雪の多い地方では気温が低いためゆっくり成熟するので、茎の長いワラビが見受けられる。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』