銀座で見つけた特別なトレイルミックス

2015.10.25

トレイルを歩いたり、マウンテンバイクで野山を走るときにポケットに忍ばせておき、即座に栄養補給ができる便利な行動食=トレイルミックス。
ナッツ類やドライフルーツ、チョコレートなどを好みで調合している読者の皆様も多いことだろう。アメリカほどではないが、日本でも一部のスーパーマーケットで販売されるほど、認知度は高まりつつある。

パッケージもお洒落。ジッパー式なので、ポケットに入れておき、食べながら歩くにもよい。

パッケージもお洒落。ジッパー式なので、ポケットに入れておき、食べながら歩くにもよい。

そんななか、ローフードのスペシャリストが作る特別なトレイルミックスが発売された。
ローフードとは、天然の食材を生、または48℃以下の低温調理で食べることで、食材が持つ栄養素や酵素を生きたまま、しっかり体に取り込もうというライフスタイル。
健康、美容、ダイエットに効果があるため、日本でもじわり広まっている。

『ロートレイルミックス』と名づけられた、こちらのパッケージには、生アーモンド、生くるみ、生カシューナッツ、生クコの実、レーズン、カカオニブが入っている。
ここに使われるナッツ類は、一度浸水させ、種類ごとに異なる最適時間の長時間乾燥が行なわれる。さらにカシューナッツは、メープルシロップ(天然甘味料)でコーティングし、上品な甘さを演出。
スーパーフードと呼ばれ、とくに栄養価が高い生クコの実とカカオニブが入っている点も見逃せない。生クコの実は、ビタミン、ミネラル、たんぱく質が豊富。
チョコレートの原料であるカカオの実を砕いたカカオニブは、ほろ苦さが口に広がり、集中力を高めてくれる。パッケージ下にある黒いツブツブこそがカカオニブなので、クズと間違って捨てないように!

トレイルミックス

高温調理されたもの、強い塩分を加えたものとは、まるで世界観が違う濃厚な味が広がる。

一口食べた瞬間に、今まで食べていたトレイルミックスの常識が覆った。
厳選された素材が織り成す深みのある味のバランスが、なんとも心地よい。各ナッツの味の豊かさと奥行き、メープルシロップのやさしい甘さ、生クコの実とレーズンの自然な酸味と甘み、それにアクセントをつけるカカオニブのほろ苦さ。どちらかというと気軽なスナック的トレイルミックスが市場の主流ではあるが、『ロートレイルミックス』の完成度の高さは、日本の食文化が生み出した傑作といえるのではないか?
しかも、これ、ローフードのスペシャリストが東京・銀座で調理からパッケージングまで手作りしているというのだ。

「トレイルミックス自体、日本人のお客様にはまだ馴染みが薄いのか、高価に感じられるようですが、欧米のお客様は、ほぼ皆様、買って帰ってくださっています。ビーパル読者の皆様も、ぜひ、ロートレイルミックスをポケットに入れて、秋のアウトドアライフを素敵にお過ごしくださいね」
ロートレイルミックスの開発者で、この商品を販売している『GINZA ローライフカフェ』店長の小牧由美さんはそう話す。

同店舗では、ローフードを気軽に体験できるメニューも充実。様々なスクーリングも行なっているそうだ。銀座の素敵なカフェで健康的な食を体感し、お土産にこれを買うといい。

カラダにやさしい銀座発の『ロートレイルミックス』。SNSのネタとしても二度美味しい!

銀座の一等地でローフードを楽しめる『GINZAローライフカフェ』は今年5月開店。

銀座の一等地でローフードを楽しめる『GINZAローライフカフェ』は今年5月開店。

 

商品名:ロートレイルミックス
容量:60g
価格:650円(税抜)
販売元・問い合わせ先:GINZA ローライフカフェ
東京都中央区銀座2-4-19浅野第3ビル7F
☎03-6228-6261

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』