ちょっと気になる名古屋の”クラフトコンブチャ”専門店を訪ねてみました!

2020.12.16

私が書きました!
料理研究家
小牧由美
東京のフードビジネス業界で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、一人一人のライフスタイルに合わせたカラダを整える食事やセルフケアの方法の提案やオリジナルレシピの創作、商品開発をおこなっている。http://yamabon.jp/

ワイングラスに注がれたコンブチャ。なんだかおしゃれ。

KOMBUCHAってナニ?

『KOMBUCHA(コンブチャ)』をご存知ですか?コンブチャとは、茶葉を発酵させて作った植物性の発酵ドリンクのことです。コンブチャの発祥は東モンゴルといわれていますが、今では、アメリカやオーストラリアなど、その人気は世界中に拡がっています。コンブチャを飲んでみたら、「腸の調子が良くなった」「疲れにくくなった」「美肌になった」「風邪をひかなくなった」など、“なんとなく普段より調子が良い”といった自分なりの感覚に敏感な人たちから、人へ人へと繋がり根強い人気が続いているのではないでしょうか。

コンブチャは、海外では手軽な健康ドリンクとして、ボトリングされたものが普通にスーパーマーケットに並ぶほど市民権を得ています。じつはこれ、その昔、日本でも「紅茶キノコ」として流行ったもので、飲んだ時に磯の香りがする日本伝統の”昆布茶”とはまったくの別物です。

コンブチャは、作り手が使う材料や作り方しだいで大きく味が異なります。

全国でも珍しい「クラフトコンブチャ専門店」

コンブチャを自作し、提供する“クラフトコンブチャ”専門店が名古屋にあります。『PLUS KOMBUCHA(プラスコンブッカ)』は、記念すべき令和元年の初日である2019年5月1日に、東海地方初のクラフトコンブチャ専門店としてオープンしました。店舗は、コアラやイケメンゴリラなどで人気の“東山動植物園”にほど近い、東山通りに面したビルの2階にあります。

地下鉄東山線『東山公園』駅から徒歩1分。パン屋さんとスーパーマーケットの間にある、この看板が目印。

店内は、お洒落なカフェ&バーのような雰囲気。イートインする際には、フードの持ち込みもOK。

東山通り沿いのカウンター席も人気。

旅先で出会ったコンブチャを再現

オーナーの菊池陽介さんは、およそ8年前にオーストラリアを旅した際にコンブチャと出会いました。

「当時、現地に暮らしていたいとこに“KOMBUCHA”というものがあると教えてもらったんです。スーパーマーケットに行けば、様々な味のものをボトリングしたものが普通に並んでいるんです。カフェでは、オリジナルのクラフトコンブチャが、スムージーなどと一緒に当たり前のように売られていました。それに、環境意識も高いんでしょうね。マルシェでは、持参したボトルに入れてくれる量り売りをする文化まで定着していました。すごく興味があったんで、そのとき現地で作り方を教わり、それをボトルに入れて飲みながら旅をしたところ、旅の途中、ずっと体調がよかったんです」

慣れない海外の食事で便秘をしたり、逆に、お腹を壊した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そんな海外での出会いが、菊池さんを動かします。帰国後、菊池さんは昔の文献やオーガニックの書籍を頼りに、独学でクラフトコンブチャを美味しく作る方法を研究しはじめました。

オーナーの菊池陽介さん。バックヤードで、日々、独自のクラフトコンブチャづくりに打ち込んでいるそうです。スポーツ好きで、天気のいい日はロードバイクで通勤しているとか。

原材料には、三重県産のオーガニック茶葉などを厳選

「国産の緑茶や海外の紅茶など、いろいろな茶葉を試してみたところ、国産の茶葉で作ると、まったく旨味が違うことに気づいたんです。各地の農家さんが作る茶葉を試していた時に、たまたま出会ったのが、三重県にある農園のお茶でした。普通に飲んでも美味しいオーガニックの茶葉を栽培する農園なんですが、その茶葉で作ったコンブチャがまるで違ったんです」

当初、趣味でコンブチャ作りを始めた菊池さんは、この偶然の出会いから、自分なりの答えを見つけ、会社を辞めてコンブチャ専門店を開店することを決意したそうです。

コンブチャを飲むとカラダはどうなる?

普段からランニングを趣味としている菊池さん。コンブチャはスポーツとの親和性もよく、菊池さん自身も運動後のリカバリー用として愛飲しているそうです。では、コンブチャを飲むことで、どんな効果が期待できるのでしょうか?

「コンブチャは、植物性の乳酸菌を豊富に含むため、整腸作用が期待できます。お客様のなかでも『便秘が解消した』という話はよく聞きます。さらに、ポリフェノールも含まれているので、アンチエイジング効果も期待できますね」

腸活を特集した雑誌や書籍などの閲覧もできます。カラダにやさしい食事を提供する近隣のショップなどのショップカードも充実。

MENUへのこだわり

お客様とのコミュニケーションを大切にしたいとの理由から「メニューはあえて分かりづらくしています」と菊池さん。分からないことがあれば気軽になんでも聞いてみましょう。

この日は、緑茶ベースの「プレーン」のほかに、「エナジースパイス」というシナモン、カルダモン、クローブ、レモンで割ったブレンドコンブチャを試飲させていただきました。プレーンは、コンブチャ特有のツンとした香りがありつつ、フルーティーで繊細な味わい。エナジースパイスは、スッキリとしたノドごしで、“リッチなスポーツドリンク”といった印象で、スパイシーな後味でした。

右がプレーン500円、左がエナジースパイス700円(共に税込)。

約10杯分のコンブチャをボトリングしたものは店頭での販売、または、通販にも対応。プレーンが2,500円、ブレンドが3,500円(共に税込)※ブレンドは予約販売。

アウトドア×コンブチャ

「キャンプやBBQで肉を食べすぎたあと、腸の働きが悪くなって困ったことがありませんか?そんな野外料理にビールもいいですが、じつはコンブチャも清涼感があって甘くないからBBQなんかにもよく合うんですよ。ノンアルコールだから、食後の運転もOK。肉を食べて酸化した体をコンブチャが整えてくれる効果が期待できるから、あとが楽になることが多いんです。アウトドアやスポーツの時こそ、ぜひ試してほしいですね」

『PLUS KOMBUCHA』のクラフトコンブチャはテイクアウトもOK。近隣の自然公園を散策する際にぜひ。

プラスコンブッカには、ヨガ教室帰りの方、出勤前にマイボトルを持参して購入する方など、老若男女さまざまな客層が来店します。店舗では、1か月5000円の定額制で、1日1杯飲める(またはマイボトルで持ち帰り)サービスもあります。店内は、食べ物の持ち込みもOK。昼時には、隣のパン屋さんでパンを買って持参する方も多いとか。さらに、店オリジナルのクラフトコンブチャは、イートインはもちろん、ボトリングしたものはお取り寄せにも対応しています。

「コンブチャをどんどん好きになっています!」と照れながらお話されていたオーナーの菊池さんが、とても印象的でした。丁寧に作られたコンブチャで、日々の生活やアウトドア時間を爽快に、快適に過ごしてみませんか?

通り沿いには、コンブチャの魅力を表現したボードも。

【ショップ情報】

PLUS KOMBUCHA(プラスコンブッカ) 
所在地:愛知県名古屋市千種区東山通4-17-2東山第一ビル2F
電話:052-898-4037
営業時間:10:00〜19:00(火〜土曜日)、10:00〜17:00(日曜日)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合も休み)
https://www.plus-kombucha.com/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事