ログハウスの宿で癒されよう!【セルフビルド編】 | BE-PAL

ログハウスの宿で癒されよう!【セルフビルド編】

2016.12.13

天然木をふんだんに使った建物ならではの、温もりや香りが魅力のログハウス。将来、住んでみたいと思っている方も多いのでは? 未来のログハウス住人のために、癒やされて、かつ参考になる宿を集めました。今回はセルフビルド編です。

ログハウスの神様の直接指導により完成!
●ウッズマンズビレッジ(栃木県)
デザインが異なる6棟のログハウスは、ログハウス作りの神様、B・アラン・マッキー氏から手ほどきを受けて建てられたもの。

1985年、ヨットのキャビンをイメージして、ヨット仲間たちによって建てられた。

ハーモニーハウス。1985年、ヨットのキャビンをイメージして、ヨット仲間たちによって建てられた。

ベランダの作りがオシャレで、1Fには一枚板のカウンタバーがある。

プリンシパルハウス。ベランダの作りがオシャレで、1Fには一枚板のカウンタバーがある。

1996年建造。窓際には景色を眺められる特等席がある。10人まで泊まることができる。

メロディーハウス。窓際には景色を眺められる特等席がある。10人まで泊まることができる。

栃木県日光市中小来川440-1
TEL0288(63)3324 
料金:1泊ひとり¥5,400
http://woodsmansvillage.com/ 

最大級のログハウスの宿
●ログハウス木子ふぁーむペンション(京都府)80-51983年、鎌倉から移住したオーナー一家が独学でログハウス作りを学び、3年かけて完成。建物、ベッドともに丸太で、合計986本を使用。周辺にはブナの森が広がり、四季折々の自然が楽しめる。

京都府宮津市木子29
TEL0772(27)0305
料金:1泊2食付き ひとり¥10,800~
http://kigofarm.com/

土佐漆喰を使ったポスト&ビーム工法の宿
●ペンション木のくじら(高知県)80-6耐久性の高い土佐漆喰と土佐杉の丸太を組み合わせた建物で、2002年から2年かけてオーナーの山本昌平さんが仲間のログビルダーと製作。11月上旬~2月上旬は庭から水平線に沈む夕日が見られる。全5部屋、4組まで。

高知県土佐清水市加久見1464-461
TEL0880(83)0377
料1泊2食付き ひとり¥8,600~
http://www.kinokujira.com/

森の中にたたずむ極太丸太のログハウス セルフビルド編
●ログペンション森の散歩(岡山県)80-7森の中の一軒宿。以前のオーナーがカナダから輸入した極太の丸太を使い、5年の歳月をかけて建造。現オーナーは自然遊びの達人で、渓流釣りや星空観察などの体験プログラムも行なっている。

岡山県真庭市蒜山本茅部596-55
TEL0867(66)3793
料金:1泊2食付き ひとり¥14,040~
http://morinosanpo.com/

 

◎構成/松村由美子 撮影/富貴塚悠太

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ログハウス 』新着ユーザー投稿写真

『 ログハウス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。