「非常用持ち出しバッグ」達人の7つ道具はこれだ!(清水良文さん編)

2017.07.05

複数の用途があるものを選んで軽量化!

災害多発時代を生き延びるべく、アウトドア達人の防災用品を紹介するシリーズ。

今回は、石井山専 新宿東口ビックロ店 店長の清水良文さん編です。

縦走登山が趣味の清水さんにとって、荷物の軽量化は永遠のテーマ。それは災害時にも同じだという。

「少ない荷物で行動するという点については、登山と災害時は同じ。ということで登山同様、道具はひとつで複数の役割があるものを選んでいます。

たとえば、②は防水バッグにもランタンにもなるアイテム。⑤はシートにもタープにもなります。道具を購入するときにそういった点に注目すると、災害時にも活用しやすいです」

これが清水さんの防災セットだ!

ファイントラックのフローティングロープ。救助用としても使える。

②ヘッドランプと防水バッグ

③ペツルのヘルメット

④水がいらないアルファ米

⑤GRABBERの「オールウェザーブランケット」

⑥ナルゲンボトルとサーモスの山専ボトル

⑦炊事に使うコッヘルやバーナーなど

清水良文さん登山は縦走がメイン。好きな山域は南アルプスと八ヶ岳。同店屈指の道具好きでもある。

◎構成/中山夏美 ◎撮影/山本 智

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』