最初のキャンプはカップルがおすすめ?私たちがあえて2人キャンプを推す5つの魅力 | BE-PAL

最初のキャンプはカップルがおすすめ?私たちがあえて2人キャンプを推す5つの魅力

2021.10.05

キャンプをやるなら、2人の快適さを楽しもう

カップルや夫婦にぜひやってほしいのが、2人キャンプです。

2人キャンプには、1人やファミリーにはない魅力があります。

協力してテントやタープを設営したり、食事やおしゃべりをゆったりと楽しんだりと、2人だからこそできることを追及すれば、最高のキャンプ時間を過ごせるでしょう。

今回は2人キャンプで、私たち夫婦が魅力に感じていることを5つご紹介します。

まだキャンプをやったことがない方、最初のキャンプは2人キャンプから始めてみませんか?

2人キャンプなら設営と撤収が素早く終わる

設営も撤収も2人なら効率がいいです。

2人なら、設営も撤収も楽です。

テントもタープも、基本的にはポールを使って骨組みをつくります。

しかしポールは、バランスが崩れやすいのが特徴。

1人でやっていると片方のポールを動かしている間に、もう片方のポールが倒れている、なんてこともよくあります。

2人なら「ちょっとここを支えておいて」などうまく連携して、ポールが倒れないようにできるでしょう。

風が強い日なども、1人では風にあおられてタープを張るのは難しいです。

我が家も風が強い日にタープの設営をやったことがありますが、2人でなんとか設営することができました。1人では難しかったと思います。

雨の日も息の合った連係プレーで素早く設営できる

雨の日の設営も素早く終わります。

雨の日のキャンプは焦りがちです。

私もついつい、いつもなら丁寧にやる部分を省略してやってしまおうとしてしまいます。

そんなとき、「落ち着いて、ちゃんとやれば大丈夫」と声をかけてくれる人がいると安心するものです。

合羽を着用して、2人で冷静にタープやテントの設営をすれば、あっという間に作業完了。

疲労感があっても、その疲労感を分け合う相手がいるため気が楽になります。

2人だからできる分業!焚き火とお料理を同時進行できる

夫が焚き火、私はお料理と分業できます。

分業できるのも、2人キャンプの魅力です。

夫は焚き火の準備、私はお料理の準備。

別々に動くことで、短い時間でゆっくり過ごすための準備が整います。

デイキャンプなど、キャンプ場の滞在時間が短い場合にこそ2人が最適です。

2人なら食べきれる量の食材が多いので、食べ残しなし

食材も2人分なら、ぴったり使いきれます。

スーパーに行ってみると、ちょうど良くひとりで食べきれるくらいの量の食材はなかなか売っていないものです。

ソーセージやマフィンなど4個入りの商品はよくみかけます。2人でわけあえば、ぴったり使い切ることができて経済的。

なんといっても、自分が作ったものを誰かに「おいしい」といってもらえると、作りがいがあるものです。

車への積み込みも2人でやれば効率よし

荷物の積み込みも、手分けして運べば早いです。

キャンプギアは、収納ボックスや、保冷ボックスなど重たいギアもあります。

荷物がたくさんあると、正直私も気持ちがのらなかったり、面倒くさいという気持ちになってしまったりします。

しかし、一緒に作業する人がいて、どちらかが「やろう!」と合図をだせば動き出すものです。

2人でやれば運搬作業も早く終わります。

2人でささっと終わらせることで、「キャンプが面倒」という印象を抱かずにすむでしょう。

2人はいいとこどりできるキャンプスタイル

2人でやるキャンプは効率よく連携できる最高のキャンプスタイルです。

ファミリーでも2人キャンプと同じように楽しめるのでは?と思うかもしれません。

キャンプ場にはファミリーのキャンパーさんもいますが、お子さんから目を離せないので撤収時間が迫ってるときなどは大変そうに見えます。

2人キャンプは、まだ小さな子どもがいないカップルだからこそ可能なキャンプスタイルかもしれません。

寂しくもなく、きずなも深まり、騒がしすぎない、そしてなにより設営撤収が楽。

いいとこどりの2人キャンプ、試してみませんか?

私が書きました!
フリーライター
みーこ
夫婦2人でキャンプの知識やギアを求める「キャンプ沼」にハマったアウトドアライター。関東のキャンプ場をめぐり、地元の美味しい食材でキャンプ飯を作るのがマイブーム。キャンプ系YouTubeを見るのが大好きです。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。