人気アウトドアショップの店主は トレランのためにソロキャンをする! | BE-PAL

人気アウトドアショップの店主は トレランのためにソロキャンをする!

2021.09.17

OUTDOOR SPECIALITY MOOSE 代表
石田啓介さん

名古屋市在住。今年、創業39周年を迎える名古屋市天白区にある老舗アウトドアショップ代表。とくにガレージブランドやウルトラライト系の最新ギアに造詣が深い、頼れるアウトドアズマンだ

image

焚き火料理で食事も簡単に!

バックカントリースキー、登山、マウンテンバイクなど、その季節に一番楽しい方法で、山に入るという石田啓介さん。この日は、トレイルランニングとソロキャンを同時に楽しむため、自宅から1時間ほどのキャンプ場にやってきた。
「トレランは、少ない装備で一年中楽しめるアクティビティーです。キャンプ道具もコンパクトなものをそろえておけば、思い立ったときにすぐに出かける。そんな気軽さが魅力です」

石田さんのソロキャンギアは、ふたつの小さなバッグに収められていた。中には、さすがギア選びのプロ! と思わせる、軽量、コンパクトで使いやすい最新のキャンプギアがずらり。それを取り出しては組み立て、素早くテントサイトを作る。
「このキャンプ場は、サイトの裏に林道があって、いつも走っているトレイルに抜けられるんです。自然も濃いし、トレランのベースには最高ですね」

石田さんは、焚き火をおこし食事を作りはじめた。
「小麦粉と肉を使わず、山芋と卵とキャベツだけでお好み焼きを作ります。消化が良く、体への負担が少ないから、トレランにはピッタリなんです。こうやってコンビニで買える材料で工夫するのも楽しみなんです」

気軽さとこだわりの、緩急をつけた食事のあとはトレイルへ。
「最小限の道具だけで自然の中を駆け抜けると、頭の中がクリーンになりますね」
 焚き火をして、食事を作り、森を走る。束の間、仕事から頭を切り離し、ひとり山で自分を解放する時間が大切だという。

ベーステントを離れていざ山の中へ!

image

「時間がなくてスキーやマウンテンバイクをしに行けないときでも、気軽に山へ入れるのがトレランの魅力です。気持ちいいですよ」

荷物はできる限り軽くがモットー!

image

軽量コンパクトにこだわった石田さんのキャンプギア。テントはビッグスカイのグレイシャー。

image

キャンプ道具は、パタゴニアのトートバッグに収納。調理器具などは、ANOBAのバッグに。

水分確保は大事!

image

念のため使うという浄水器付きボトルと、シャワー付きウォーターバッグで水まわりを快適に。

暖と食事は焚き火で

image

焚き火台は、軽量で小さくたためるベルモントのTABIを愛用。調理もしやすいそうだ。

※構成/山本修二 撮影/谷瀬 弘 撮影協力/八曽の里キャンプ場(BE-PAL 2021年4月号より)

『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』好評発売中!

定価1200円+税。小学館刊

基本の焚き火テクニックはもちろん、さばいどる かほなんはじめ、さまざまなソロキャンパーのスタイル&愛用道具を紹介。ソロキャン道具カタログから料理レシピ、ソロキャンにおすすめのキャンプ場まで、知りたい情報がぎっしり詰まった1冊です!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。