絶賛発売中!『ほんとうに気持ちいいキャンプ場100』に掲載したリバー&レイクサイドのキャンプ場 | BE-PAL

絶賛発売中!『ほんとうに気持ちいいキャンプ場100』に掲載したリバー&レイクサイドのキャンプ場

2016.04.25

BE-PAL責任編集『ほんとうに気持ちいいキャンプ場100』、全国の書店で絶賛、発売中です!

コンテンツも前回と大幅に変わり、新たに取材したキャンプ場を大幅に追加。〝気持ちのいい”撮りおろし写真も増えていますよ~!
また、巻頭には2015~2016年にかけて新規OPENしたりリニューアルしたキャンプ場、
巻末には、コンテンツ内には収まらなかった、オススメのキャンプ場も収録しています。

では、気になる内容、少しだけ、お見せしましょう♪ 3回目は「水辺が近くにあるキャンプ場」から。

田貫湖キャンプ場

_MG_0216A

サイトの目の前の田貫湖では、ボート遊びができるほか、周回サイクリングコースも整備されている。

逆さ富士が見られることで知られる田貫湖周辺に整備されていて、北側がデイキャンプエリア、南側がテントサイトになっている。オートキャンプはできないが、受けつけでリヤカーを貸してもらえる。少し面倒だと思うかもしれないが、サイトから富士山を眺められることを思えば、運搬もなんのその。なかでもゲートから近い、湖畔のAサイトは広々とした草地で、眺めも最高。テントの入り口を富士山側に向け、美しい山容を楽しむのが定番の過ごし方だ。ほかにも、小高い丘、奥まった木陰など、バリエーションが多い。
人気のキャンプ場だが、テントサイトは予約不可。フラットな場所が少ないので、よい場所を確保したいなら、受け付けがはじまる午前8時には現地へ。空が広いので星座観察はもちろん、4月20日前後と8月20日前後の約1週間は、富士山頂から朝陽が昇る”ダイヤモンド富士”を見ることができる。

場内にはサイクリングロードが整備されていて、自転車の貸出もしている。(60分で500円)

場内にはサイクリングロードが整備されていて、自転車の貸出もしている。(60分で500円)

炊事棟は2か所。バリアフリー対応のトイレ棟は3か所。シャワーは2か所ある。しっかりした造りで、管理も行き届いている。

炊事棟は2か所。バリアフリー対応のトイレ棟は3か所。シャワーは2か所ある。しっかりした造りで、管理も行き届いている。

モデル料金4,300円
※テント専用サイトを大人2人+子供2人で利用する際の総額の目安です。

 

静岡県富士宮市佐折634-1
0544-27-5240(富士宮観光協会)
通年営業
予約は不要
テントサイト数約200
器具を使用した焚き火OK。ペットOK。
http://tanukiko.com/

本誌では、こちら以外にも開放感がたっぷりで、一瞬で気分をリフレッシュしてくれるキャンプ場をご紹介しておりますので、要チェックですよ~!

全国書店にて発売中!

09104214

1,200円+税(雑誌コード67121-70)
http://www.shogakukan.co.jp/books/09104214

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。