焚き火で「ネオ縄文土器」作ってみました!

2017.03.17

メイン

1ランクアップの焚き火術! 焚き火で土器作り

焚き火は秋のキャンプに欠かせないが、ただ火を燃やすだけではもったいない。イモ以外に焼くものはない? 

てなわけで、思いついたのが、焚き火台で焼く縄文式土器だ。縄文文化に詳しい関根秀樹さんによると「勾玉(まがたま)などのアクセサリーや小皿、ぐい呑みなら、十分焼けます」とのこと。

秋は(春も)気温も湿度も土器作りに最適。ただし成形は粘土が乾かないよう、風の当たらない場所で手早く行なおう。

成形から乾燥、焼き上がりまでには待ち時間を入れて半日ほど。キャンプの遊びとしてももってこいだ。

ネオ縄文式土器の作り方

【材料】
材料急冷に強い野焼き用粘土と粗めの砂を用意。砂の量は粘土の1~2割程度あればよい。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 はじめての焚き火 』新着ユーザー投稿写真

『 はじめての焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』