奥利根のキノコ番長が愛用する逸品「キノコ鎌」を知っていますか? | BE-PAL

奥利根のキノコ番長が愛用する逸品「キノコ鎌」を知っていますか?

2016.11.17

12-10-1

「キノコ採りのとき山へ持っていく道具? そんなにはねえぞ。剣鉈だろ。ザックだろ。おっと、大事なのがあった。鎌だよ。杖代わりだからあんまり意識したことなかったけど、考えてみりゃ、キノコ採りではいちばんよく使うな」

自然ガイド・高柳盛芳さん。1954年、群馬県みなかみ町生まれ。奥利根地域の釣り、クマ撃ち、山菜・キノコ採りに精通した日本のマウンテンマン。

自然ガイド・高柳盛芳さん。1954年、群馬県みなかみ町生まれ。奥利根地域の釣り、クマ撃ち、山菜・キノコ採りに精通した日本のマウンテンマン。

と、奥利根の番長、モリさんこと高柳盛芳さんが車から取り出したのは、柄の長い小鎌だった。

 

近在の老刀鍛冶に剣鉈を頼んだとき、一緒に鍛えてもらったものだ。使っているハガネは玉鋼。日本刀に使われている伝統的な炭素鋼だ。なりこそ小さいが、鎌の峰はしっかり厚く、肌には荒々しい鎚目が残っている。

藤原国武五代壽宗作。刃長 8㎝の片刃鎌。「ハガネは裏 (接地面)に付いているんだが、 微妙に反りが入れてあって、 使いやすいんだよ。ああ、余 計なものを引っ掛けないよう にしてあるんだ。鍛冶屋の知 恵っていうのはすごいなと思 ったね」(高柳さん)

藤原国武五代壽宗作。刃長8㎝の片刃鎌。「ハガネは裏(接地面)に付いているんだが、微妙に反りが入れてあって、使いやすいんだよ。ああ、余計なものを引っ掛けないようにしてあるんだ。鍛冶屋の知恵っていうのはすごいなと思ったね」

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。