ブッシュクラフトでも大人気!「モーラナイフ」の魅力に迫る!

2020.11.03

「モーラナイフと出会ったのは、もう十数年前。ククサを作るのに、いいカービングナイフがないか探してて見つけたのが、この北欧製のフックナイフだったんだよね」

ネイチャークラフト作家長野修平さん/山や海の自然素材や古材でさまざまな暮らしの道具を作り、自邸まで製作。山菜料理や焚き火料理にも精通し、各地方や台湾でもワークショップを開催するなど幅広く活躍。現在は裏山改造計画実行中。

と、ネイチャークラフト作家の長野修平さんは語る。

使い込むほどに真価を発揮する、実用本意のモーラナイフ

いまでこそ、ブッシュクラフトの入門編ナイフとして、その名が知れ渡っている「モーラナイフ」だが、当時はまだ名前もあまり知られていなかった。

「木をくりぬくことに特化したナイフでね。刃が曲がっているから、深い穴でも周りに当たらず、彫り進むことができる。こんなナイフがあるってことに、驚かされたよ」

ネイチャークラフト界ではスプーンを作るのがブーム(!?)。イギリスではスプーンフェスが開催されるほどで、長野さんもさまざまなスプーン作りに余念がない。

一本あるだけで、クラフトの世界急に広がる。ノミとは使い勝手が違い、削る時間を楽しめるナイフだ。

右からフックナイフ162ダブルエッジ ¥3,900、ウッドカービング106 ¥2,700、ウッドカービング120 ¥2,600

木彫り用のナイフ。右はボウルやカップ、スプーンなどの内側を丸く削るためのもので、左2本は削りやすいよう、ブレードが短く鋭利に尖っている。取っ手が楕円形になっており、握りやすいのも特徴。

野外ではカンスボルを愛用。料理、クラフト、ブッシュワークのすべてがこれ一本でOK。刃先が薄いので作業に合わせて使い分けできる。

「モーラナイフには、そんな専門性が高いナイフが豊富。クラフトもDIYも料理もアウトドアも。自分の中の4つのカテゴリーをすべて網羅しているのがすごく魅力的でね」

家のキッチンでは、シェフナイフシリーズが活躍。三徳ナイフからフィレナイフ、ブレッドナイフまで。柄は樺材で刃はステンレス製。

手工芸と金属加工業で栄えたスウェーデンの町「モーラ」で129年前に誕生したナイフは、とにかく実用本意。用途別に種類が選べ、コストパフォーマンスも高く、気兼ねなく、野蛮に使えるのがいいとも。
「コレクション用じゃない。ボロボロになるまで使い込んで、そこから新たな物が生まれる。あくまで主役は物で、このナイフは名脇役なんです」

野外用だけでも7本を使い分ける。ユーティリティーナイフ、山菜採り用、ハードワーク用、ブッシュクラフト用、手斧にマッシュルーム用etc…。

現在は大ロット生産で年間400万本製造され、55か国へと輸出されている。スウェーデン王室御用達で、木工作家はもちろん、ハンターから林業従事者、水産加工業者と、さまざまなフィールドワーカーから支持を受ける。次はどの分野のナイフを生み出すのか、期待に胸が膨らむ。

薪割りと着火を1本でこなす
焚き火特化型ナイフ

コンパニオン スパーク ¥3,300

ファイヤースターターが柄の後ろに内蔵された新モデル。刃が厚めで切る、削る、割るなど、ブッシュワークに対応。ハンドルがラバーで滑りにくく、雨でも使いやすい。ブレードはステンレススチールで手入れが楽。
●全長=238㎜●刃長=104㎜●重さ=約92g

 

サーメ人の刃物文化を受け継ぐ
クラシックモデル

右からクラシック 1/0  ¥3,400、クラシック 2 ¥3,500、クラシック 3  ¥3,600

赤い樺材のハンドルが特徴のクラシックシリーズは、スウェーデン人ならひと目でモーラナイフとわかる、シンボル的存在。小刀として木を削ったり、テーブルナイフとしても重宝する。刃はカーボンスチールで頑丈。
1/0●全長=204㎜●刃長=77㎜
2●全長=250㎜●刃長=105㎜
3●全長=292㎜●刃長=135㎜

問い合わせ アンプラージュインターナショナル 072(728)2781
(BE-PAL  2020年6月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。