お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

ベテランは皆、愛用のペグハンマーを持っている。おすすめの中から自分に合う一本を見つけよう!

2019.04.28

テントやタープの設営に必要不可欠なペグハンマー。脇役のような存在だが、これがないと非常に困る。そして、買ったテントに付いてくるのはなんとも頼りがないプラスチックハンマー…。これだと地面が固いときにまったく歯が立たない。なので、ペグハンマーを別途購入するのはとても大事なことなのだ。

ここで紹介するペグハンマーは、どれもキャンパーに人気のものばかり。重さで選びたい人、形状を重視したい人、コストが最優先な人(安さ重視! もちろんコスパも大事)などに応えられる、おすすめのラインナップになっている。

たかがペグハンマー、されどペグハンマー。楽な設営・撤収には、しっかりとしたペグハンマーが不可欠なんです。

ベテランキャンパーで、テント付属のプラスチックハンマーを使っている人は、そうそういない…。BE-PALの取材班やスタッフも皆、これらペグハンマーを愛用している。もちろん、どれが良いというわけではなく、思い思いのペグハンマーを使用しているのだ。まだ、プラスチックハンマーを使っている人ほど、読んでほしい。そして自分の一本を選んでほしい。

スノーピーク / snow peak

ペグハンマー PRO.C

N-001

キャンプ用ペグハンマーの一番人気。スノーピークのペグハンマーには「PRO.C」と「PRO.S」があり、PRO.Cのヘッド部はソリッドステークと同じ鍛造仕上げでできている。「交換用銅ヘッド」が別売りされており、劣化したらパーツだけ交換することが可能。一方のPRO.Sはヘッドも含めてオールスチール仕上げなので、パーツ交換はできない。
フック状のペグ抜きは、ひっかけて抜くを容易にしてくれ、また、中央の穴(ホール)にペグ自体を差し込んで抜くこともできる。ペグに合わせて使い分けができる仕掛けだ。
サイズは直径35×120×290mm。重量は670g(PRO.C)


コールマン / Coleman

ペグハンマー

170TA0088

サイズ:約8×30(h)cm、重量:約560g、主な材質にスチールを用いたキャンプ用ペグ。グリップはゴムで滑りにくく、手になじみやすい。円状のペグ抜きは、ペグの形状問わず使いやすい。


MSR

ステイクハンマー

Stake Hammer

ヘッド部はステンレス、ボディ部はアルミでできたペグハンマー。サイズは28.5cmで、重量は312gと非常に軽量。ボトルオープナー(栓抜き)も付いているなど、仕掛けが面白い。ペグ抜き部は釘抜きのような形状も特徴的だ。


キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

プラック アルミペグ抜きハンマー

M-3221

鋳鉄のヘッド、柄にはアルマイト加工のアルミニウムを用いたペグハンマー。40×115×全長325mmという、使用に十分なサイズながら、重量は約400gと軽量。ヘッド部に簡易的なスコップが付いているのもうれしい。


村の鍛冶屋

エリッゼステークアルティメットハンマー

人気アニメ「ゆるキャン△」とのコラボ製品で注目を集めている村の鍛冶屋(新潟県・燕三条)がリリースするペグハンマー。材質はステンレスヘッド、真鍮ヘッドの2種類を容易。カラーもクロームとブラックから選べる。また、名入れ(刻印)も行なっており、組み合わせだけでも8通りと、選択肢の幅が広い。
サイズ:約303×102×35mm、本体質量:約550g。

奥深きペグハンマーの世界。ガレージブランドも参入!

ガレージブランドには、こんなユニークなペグハンマーも。まるで鬼の金棒のようなルックスだ。

ホームセンターのゴムハンマーを使っていたらこうなりました…

なお、ホームセンターで売っているようなゴムハンマーは使い続けるとボロボロになるので避けるべき。トンカチや金づち(金槌)なども、ヘッド部が小さい(小型な)ことや、ペグ抜きができないことなどで不利で、しかも危ない。写真は薪割りでも使用してボロボロになったBE-PALスタッフ(早)の私物。サブのサブハンマーです(泣)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事