アウトドアにぴったりなお財布持ってますか?「トレイルバンクS」をレビュー! | BE-PAL

アウトドアにぴったりなお財布持ってますか?「トレイルバンクS」をレビュー!

2021.01.31

私が書きました!
アウトドアライター
とむ
カナダ在住、キャンプやトレッキング、スノーボードが好きな30歳。キャンプギアは徹底的に調べ上げて後悔のないようにポチります。”好きなことを仕事に”をモットーにフリーランスライターとして活動中。

アウトドア用の財布にはパーゴワークスのトレイルバンクS!

登山やスノーボードなど、荷物を少なくコンパクトにしたいときに、どのような財布を使用していますか?

僕はPAAGOWORKS(パーゴワークス)から販売されている、トレイルバンクSを使用しています。

この財布、コンパクトでありながら、使い勝手も良く、アウトドアにはおすすめです。

アウトドアに持っていく財布をお探しの方、ぜひ参考にしていただければと思います!

トレイルバンクSのおすすめポイント

トレイルバンクSのおすすめのポイントは5つあります。

1.軽量コンパクト

iPhoneXよりもひとまわり小さいです。

財布本体はとても軽量で、わずか28グラムしかありません。

三つ折り式なので、折り畳むと手のひらに収まってしまうほど、小さくなります。

とてもコンパクトなので、登山やスノーボードに行く際に、ウエアのポケットに入れていても邪魔になりません。

他のメーカーからも、アウトドア向けの財布は販売されています。

しかし、サイズが大きすぎてかさばってしまったり、小さすぎて小銭が入らなかったりするようなものも多くあります。

その点、トレイルバンクSは使いやすさを維持したまま、コンパクトさを実現したアウトドアにぴったりな財布なのです。

2.高い耐久性

斜めの線が特徴的な、X-PAC素材。

トレイルバンクSは、高い耐久性を有しています。

財布の外側にはX-PACという、破れにくく防水性に優れた素材が使用されています。

最近では、登山用の軽量バックパックなどにも採用されるほど、信頼性の高い素材です。

実際に、僕はトレイルバンクSを2年以上使用していますが、破れたり大きなダメージになってしまったりしている箇所はありません。

さらに、個人的にこのX-PACの見た目が好きなので、この素材を使ったギアには特に興味をひかれます。

3.使いやすい小銭入れ

口は少し狭めですが、問題なく使えます。

アウトドア用のコンパクトな財布には、小銭入れが小さいタイプや、小銭入れが付いていないタイプも少なくありません。

トレイルバンクSは、メッシュ製で外から中身の確認できる、便利な小銭入れが付いているのがおすすめできる3つ目のポイントです。

小銭入れにはマチがついており、見た目以上に硬貨を入れるとこができます。

小銭を使う時は、一度手の上に小銭を出し、使ったら戻すという流れが使いやすいです。

4.便利なカラビナ付き

カラビナの開閉は硬め、勝手に外れてしまったことはありません。

トレイルバンクSには、三角形のカラビナが縫い付けられています。

このカラビナは、キーホルダーのように利用することができるので、僕は家と車の鍵を取り付けています。

貴重品をひとつにまとめることができるので、落とし物や忘れ物のリスクもグンと下がります。

バックパックの内側などに、カラビナを引っ掛けておくと、財布や鍵を紛失することはなくなるでしょう。

5.コスパが良い

トレイルバンクSは、3,000円ほどで購入することができます。

これだけの機能と耐久性を備えてこの価格は驚きです。

普段使いにもおすすめなトレイルバンクS

そんなトレイルバンクSですが、数あるコンパクトな財布の中から、僕がこのトレイルバンクSを選んだのには、さらに一つ大きな理由があります。

それは、「普段使いもできる容量」ということです。

普段使いの財布とアウトドア用の財布を使い分けていると、アウトドアに行くたびに財布の中身を入れ替えなければなりません。

そこで、中身を入れ替える手間や、入れ替えるのを忘れてしまうリスクを避けるために、普段使いとアウトドアで併用可能なトレイルバンクSを選びました。

試しに、トレイルバンクSに何枚の貨幣が入るのかを試してみました。

まずは、小銭入れに500円硬貨とほぼ同じサイズのコインが、何枚入るのか試します。

全て500円なら1万円分の硬貨が入りました。

結果はなんと20枚!

これだけの容量があれば、小銭入れがすぐにいっぱいになってしまうことはありません。

次は、紙幣が何枚入るのか試してみます。

右の黒いゴムで紙幣を抑えることもできます。

こちらも20枚の紙幣が入りました!

筒状に膨らんでしまいました。

しかし、紙幣の厚みで財布が膨らんでしまいました。

実用性を考え、10枚ほどに抑えた方がコンパクトになります。

僕の住んでいるカナダの紙幣は、日本の紙幣と比較すると硬いので、日本の紙幣なら10枚以上入るかもしれません。

各ポケットに1〜2枚のカードが入ります。

カードポケットは3つ付いています。

免許証、クレジットカード、保険証のように、必要最低限のカードを財布にいれ、ポイントカードなどは持ち運ばないようにしました。

どうしてもたくさんのカードを持ち運びたい方は、財布とは別にカードケースを持つと、使いやすいと思います。

財布にもこだわってアウトドアを楽しもう!

今回ご紹介したトレイルバンクSはいかがでしたか?

購入してから、2年以上愛用していますが、今のところ通常の財布に戻す予定はありません。

それほど、この財布が気に入っています。

手のひらサイズの財布を探している方には、本当におすすめの商品です。

もう少し大きい財布がいいという方には、ワンサイズ大きく二つ折りタイプのトレイルバンクMという商品も販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。