待望のコラボ新作!ONOE×クイックキャンプの「アイアン製薪ラック」に注目

2020.09.24

焚き火周辺での使用に特化したONOE×QUICKCAMP(クイックキャンプ)のコラボシリーズに、この度新たに薪ラックが加わった。今回もアレンジ自在の多機能ぶりで、焚き火愛好家以外も必見のアイテムになっている。

焚き火の楽しみを広げる人気コラボシリーズ

ONOE×クイックキャンプ「薪ラック」¥4,800 +税(参考価格)

クイックキャンプは、オシャレでリーズナブルなギアでおなじみのアウトドアブランド。バーベキューグリルや高品質なアイアン製品がキャンパーの高い支持を得るONOEこと尾上製作所とのコラボは、今回が第4弾となる。

ONOEといえば、過去に天板が広いアイアンメッシュテーブル、長机型で連結可能なアイアンファイヤプレーステーブル、二段構えのファイアスタンドといった多彩なスタンドを発売し、いずれもキャンパーの支持を得てきた。

それぞれ多機能に加え、組み合わせるとさらに用途が広がる点からも焚き火の楽しみを広げてくれるシリーズなのだ。

テーブルにアレンジできる汎用性が特徴

収納サイズは約50×43×3.5cm。バックル付きの結束バンドで持ち運び・収納もラクラク。

今回新登場の薪ラックは、ONOEの人気オリジナル製品・マルチスタンドから生まれたアイテム。展開時のサイズは約50×43×33cm。重量は約3.2kgで耐荷重は約20kgと高い堅牢性を備える。

組み立てる時は、板状のパーツ2枚を噛ませて開くだけの超簡単構造。収納時には厚さ約3.5cmとなり、付属の結束バンドで固定すれば持ち運びが容易で収納スペースもとらない。

アイアンファイヤプレーステーブルを2枚並べた天板サイズは約34×83cm。

そしてこの薪ラックの最大のポイントは、2枚のパーツの間に板を通すと棚やテーブルとして使えること。おすすめは、コラボ第2段アイアンファイヤプレーステーブルを2枚用いるアレンジだ。広い天板に薪ラックの脚がつくことで、作業しやすいテーブルや安定感のある棚となる。

もちろん、天板は用途やサイトの雰囲気に合わせてウッドボードなど別の素材にしてもOK。シンプルで無骨なデザインはどんな場にも馴染み、サイトの居住感を格上げしてくれる。

頑丈な作りのアイテムは重かったり幅をとったりしがちだが、こうした多機能アイテムを上手に取り入れることで効率的な運用ができ、焚き火キャンプをより快適に楽しめる。今秋はぜひ薪ラックをはじめとするONOE×クイックキャンプのコラボアイテムにご注目あれ!

商品概要

価格:¥4,800+税(参考価格)
サイズ(約):展開時50×43×33cm 収納時50×43×3.5cm
重量(約): 3.2kg
耐荷重(約):20kg
素材:鉄(粉末塗装)

クイックキャンプの公式ページ
https://quickcamp.jp

ONOEの公式ページ
http://shop.onoess.co.jp/shopbrand/002/X/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿写真

『 焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事