1分で着火!バーベキュー初心者におすすめ「エコココロゴス・ラウンドストーブ」を徹底解説

2020.08.19

私が書きました!
フリーライター
happeaceflower
北海道在住。キャンプや釣りなどの、アウトドアに関する記事を中心に執筆しているフリーライター。趣味のキャンプや釣りの他に、車中泊をしながら、道の駅のスタンプラリーも制覇。オールシーズン外遊びを楽しむアウトドア女子。

アウトドアの楽しみと言えば「バーベキュー」。

バーベキューをしたいけど、火起こしが不安・・・。そして、「いつまでたっても火がつかない」「食材をのせても、なかなか焼けない」など、バーベキュー初心者には、ありがちな問題・・・。

でも、それらの問題を解決してくれる炭があるんです!

今回は、簡単に火が起こせて、初心者にもおすすめしたい、「エコココロゴス・ラウンドストーブ」を徹底解説していきます。

エコココロゴスとは?

左「エコココロゴス・ラウンドストーブ」右「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ」

「エコココロゴス」とは、ロゴスから発売されている、環境に優しい「着火加工成形炭」のことです。

「成形炭」とは、炭となる原料を加圧して、成形してから炭にしたもの。成形炭の原料は、主にオガクズや木炭の粉、ヤシガラなど。「エコココロゴス」の原料には、ヤシガラを使用。一般的に、ヤシガラ炭は、煙臭が少なく、火力が強いと言われています。

そして、「着火加工(着火剤が練り込まれている)」なので、着火剤がなくても簡単に火が起こせるのが特徴。

「エコココロゴス」は環境に優しいエコな炭

それでは最初に、「エコココロゴス」がエコと言われる理由を紹介します。

森林を伐採しない

森林伐採は温暖化の原因。

現在問題になっている、「地球温暖化」の原因のひとつに、森林の減少があります。(地球温暖化とは、地球を適切に保温する「温室効果ガス」が必要以上に増加し、地球に熱がこもり気温が上昇すること)

「温室効果ガス」の7割は二酸化炭素。二酸化炭素を吸収する森林が減少することで、地球温暖化が加速してしまうのです。

「エコココロゴス」は、「ヤシガラ」が原料なので、森林を伐採する必要がありません。それが、エコな理由のひとつです。

原料がヤシガラ

森林を伐採せず、ヤシガラから作るエコな炭。

ヤシの実からココナッツを採取した後、「ヤシガラ」は廃棄処分されます。この「ヤシガラ」を、炭化して粉砕後に成形して作っているのが「エコココロゴス」。

エコココロゴスは4種類、計7製品

用途で選べるラインナップ。

「エコココロゴス」は「ラウンドストーブ」「ミニラウンドストーブ」「ダッチチャコール」「着火王」の4種類。内容量により、以下の7つの製品があります。

  • エコココロゴス・ラウンドストーブ2…………………(13×3.5cm)2個入
  • エコココロゴス・ラウンドストーブpro-44…………..(13×3.5cm)44個入
  • エコココロゴス・ミニラウンドストーブ3…………..(7.5×3.5cm)3個入
  • エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4…………..(7.5×3.5cm)4個入
  • エコココロゴス・ミニラウンドストーブ6…………..(7.5×3.5cm)6個入
  • エコココロゴス・ダッチチャコール30…………………(4.5×6cm)30個入
  • エコココロゴス・着火王………………………………….(4.5×4cm)2個入

「エコココロゴス」を使ってみた

今回は、大きいコンロ向けの「エコココロゴス・ラウンドストーブ」と、小さいコンロ向けの「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ」を使ってみます。私はグループキャンプもソロキャンプも行くので、両方試してみたいと思います。果たして着火時間に差があるのでしょうか?

それでは、実際に着火してみましょう!

何分で火がつく?

パッケージには「即着火!1分でバーベキュー開始!」と書いてあります。

実際は、どれぐらいで火が着くのか試してみました。

ガストーチを使いました。

まずは「ラウンドストーブ」から。

1分かからずに火がつきました。

続いて、「ミニラウンドストーブ」いってみましょう。

ミニラウンドストーブも、1分かからずに火がつきました。

「ラウンドストーブ」は25秒48、「ミニラウンドストーブ」は25秒58で着火。1分程で、全体に火が回りました。大きさによって大差がなく、同じぐらいの時間で火が起こせました。

他の成形炭と比べてみた

ラウンドストーブに似た形の成形炭を使いましたが、火がつくまで1分を超えました。

「ラウンドストーブ」の着火の早さを確かめるべく、似た形の着火加工成形炭と比べてみました。原料はマングローブ炭です。マングローブ炭とは、マングローブの木を原料にした輸入炭。主にホームセンターなどで、3kgで300円〜500円で売っている炭です。

ミニの方も、着火までに1分を超えました。

ラウンドストーブと比べると、約1分近くの差が・・・。全体に火が回るまでは、10分ほどかかりました。

火力が強くて煙が少ない

火力が強くて、すぐに焼き上がります。

着火の早さの他に、火力が強いのも特徴。そして、煙が少ないので、家の庭やベランダでバーベキューをしても、近所迷惑になりにくいのです。炭も飛び散らないので、後片付けもラクラク。

着火剤としても使える

ラウンドストーブの上に、炭をのせて放置しておくだけで火が起きます。

「ラウンドストーブ」のすごいところは、着火剤としての機能もあること。写真のように、他の炭を側に置いておくだけで、火が起きます。

バーベキューしながら、他の炭まで火起こしができるので、とても便利です。

初心者にもおすすめ!バーベキューが簡単になる炭

短時間でバーベキューを楽しみたい時はもちろん、他の炭の火起こしも簡単なので、大人数のバーベキューにも対応できます。

少人数には「ミニラウンドストーブ」大人数では「ラウンドストーブ」と、用途に合わせて選べるのも便利ですね。

1分もかからずに火起こしができて、すぐにバーベキューができる、「エコココロゴス・ラウンドストーブ」。火起こしが不安な、バーベキュー初心者にもおすすめの炭です。

エコエコロゴス・ラウンドストーブ2

サイズ:13×3.5cm
主材料:ヤシガラ
内容量:2個
燃焼時間:40〜60分
希望小売価格:660円(税別)

 

エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4

サイズ:7.5×3.5cm
主材料:ヤシガラ
内容量:4個
燃焼時間:40〜60分
希望小売価格:620円(税別)
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 火おこし 』新着ユーザー投稿記事

『 火おこし 』新着ユーザー投稿写真

『 火おこし 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。