断熱材の厚さ約2cm! 保冷力を追い求めたソフトクーラー

2019.06.16

ソフトクーラーは数あれど、こんなに肉厚なものはなかなかめずらしい。アメリカのAOクーラー社の定番品よりポケットの大きい「デラックス」タイプのクーラーである。5層構造になっているので、外側からひとつずつ説明していこう。

・第1層(表地):耐久性にすぐれたナイロン
・第2層:防湿のための軽量なポリエチレンフィルム
・第3層(断熱材):厚さ1.9cmの高密度ポリエチレンフォーム
・第4層:ポリエステルの紡糸シート
・第5層(裏地):ウォーターベッドや地面設置プールに採用されている高品質ビニールライナー

ポイントは第3層の断熱材(ポリエチレンフォーム)の厚さである。一般的なソフトクーラーの約3倍の厚さがあり、これによって外部からの熱を遮断して、内部を冷たく保つことができる。もうひとつのポイントは第5層のビニールライナー。シームレス(縫い目なし)だから水が漏れることがない。

サイズは2種類あり、写真右の「24パック」は、容量約23lで、350ml缶24本と約6.3kgの氷がちょうど収まる。左の「12パック」は、容量約11lで、350ml缶12本と約2.2kgの氷がちょうど収まる。重さはそれそれ約997gと約1451g。肉厚だから重そうに見えるかもしれないが、肩にかけてみればその軽さに驚くはずだ。

前面と背面の両方にポケットが付いている。カトラリーやエプロンが入る十分な大きさがある。

ショルダーベルトは取りはずしができる。

両サイドのバックルをはずすと、背の高いものを入れられる。「12パック」も「24パック」も、2lのペットボトルを立てたまま入れられる。

 

「12パック」:13,824円

「24パック」:17,820円

 

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

キャンバスソフトクーラー「デラックス」
https://www.pal-shop.jp/item/A55807011.html

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 クーラーボックス 』新着ユーザー投稿写真

『 クーラーボックス 』新着編集部記事

おすすめ記事