保冷力はハードクーラー並み!? 大人気AOクーラーを徹底解剖!

2019.05.18

軽くてコンパクトに折りたためるソフトクーラー。車載時のラゲッジスペースを圧迫することなく積むことができ、手に持って移動するときもハードクーラーほどの辛さはない。すなわち、「持ち運びに楽」なのがソフトクーラーの醍醐味だが、ハードクーラーに比べて保冷力で大きく劣るという欠点もあった。

ところが近年、アウトドアブランド各社が保冷力を高めた極厚フォームの高性能ソフトクーラーを発売。軽くて持ち運びが容易。それでいて保冷力も期待できることから、高性能ソフトクーラーはまたたく間に普及した。

AOクーラー(エーオークーラー/AO Coolers)もそんな高性能ハードクーラーのひとつ。元々は「American Outdoors coolers(アメリカン アウトドア クーラーズ)」の名称で、食肉産業や水産業向けの業界向け製品を手がけていた。プロ相手の製品が評判を呼び、ブランド名を現在のAOクーラーに変えて一般ユーザーへの販売を開始。その品質の高さが多くのキャンパー・アウトドアファンに受け、アメリカはもとより日本でも販売されることとなった。

AOクーラーがなぜ保冷力が高いか、その理由が内部構造にある。高密度の独立気泡フォームを使用した断熱材を厚さ1.9cmに仕上げ、インナーの縫い目をなくして冷気が排出するのをシャットアウト。さらにはウォーターベッドなどにも使用されている高品質ビニールライナーをインナーに設けるなど、これにより、一日中氷が溶けない保冷力を実現した(環境や庫内の状況にもよる)。

デザイン性の高さも、AOクーラーが人気な理由のひとつ。AOクーラーは種類やカラー、サイズ展開が豊富で、定番モデルはキャンパス生地のCANVAS Series(キャンパスシリーズ)。そのキャンパスシリーズに大容量ポケットを追加したDELUXE Series(デラックスシリーズ)、樹木の柄がリアルな狩猟用カモフラージュのブレイクアップ柄がプリントされた迷彩柄のMOSSY OAK Series(モッシーオークシリーズ)。そして水や汚れに強いVINYL Series(ビニールシリーズ)などが挙げられる。

使い勝手の良さが光る、ビニールシリーズ

今回紹介するのはAOクーラーの中でも人気が高い「24パック ビニールブラック(24Pack VINYL Black)」。水辺でのアクティビティーにも強く、突然の雨にも安心。泥で汚れても水で流し洗いができるなど、利便性が非常に高い。サイズは幅43×奥行30×高さ25cm。重量は1451g。約23Lの庫内は、350ml缶が24本収納できるスペースだ。

ファミリーに必要十分な収納力!

一泊二日のファミリーキャンプなら十分な容量。デイキャンプやBBQ、ピクニックなどにももってこい。

水に強く、汚れても洗い流せばOK!

材質はビニール、ナイロン、ポリエチレン、ポリエステル。ピアノブラックのような、光沢ある外観がとてもスタイリッシュ。

大きなサイドポケットにはギアを収納しよう!

大型サイドポケット付き。ナイフやカッティングボードなど、調理ギアをいれておくと便利。

スムーズなダブルファスナーで、開けやすく取り出しやすい

開けやすいダブルファスナーは日本が世界に誇るYKK製。

トートバックにも変身! 持ち運びに嬉しいダブル使用

取っ手を閉じれば手持ちバックに。

トートバッグ的な使い方もできる。この形状ならば、2Lのペットボトルも収納可能だ。

すでにハードクーラーを持っているのであれば、ソフトクーラーをドリンク専用などに使い分けての使用もおすすめできる。また、運動会やスポーツシーンなど、クーラーボックスを持ち歩くようなシチュエーションにも活躍する。海水浴やプール、川遊びでの利用もぴったりだ。アウトドア好きならば釣りやカヤックにも持っていきたい。帰りに濡れた衣類などを入れておけば、他が濡れることなく持って帰れるなど、使い勝手の幅はとても広い。

 24パック ビニールブラック(24Pack VINYL Black):1万5660円

AO Coolers|BIGWING – ビッグウイング
https://www.bigwing.co.jp/brand/aocoolers.html

※構成、文、写真/早坂英之

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 クーラーボックス 』新着ユーザー投稿写真

『 クーラーボックス 』新着編集部記事

おすすめ記事