アウドドアのフライパンはフッ素加工よりH.A.A.がよさそうだ

2020.07.02

一見すると、フッ素加工をしたアルミに見えるが、H.A.A(ハード・アノダイズド・アルミニウム=硬質陽極酸化アルミニウム)という素材でできている。H.A.Aは、表面に硬い皮膜が形成されるため、フッ素加工にくらべて磨耗に強く、耐久性が高いことが特徴だ。鉄のように油でシーズニングすれば、焦げつきも防止できる。フッ素加工よりも強火に強く、焚き火にも使用可能だ。このフライパンセットは「フライパンS」と「カウボーイプレート」「キャンププレート」の3枚からなるが、フライパンSだけでなく、プレートと名のついた2枚も火にかけられる。たとえばフライパンSの上にキャンププレートを蓋のように置き、その上に炭を置いてダッチオーブンのように天火で加熱することができる。持ち手(リフター)は取りはずし式だから3枚をきれいにスタッキングできるのもうれしい。まな板兼鍋敷きと収納袋も付いて、重さは合計828g。鉄よりも断然軽くて、鉄のようにラフに使える。ダッチオーブンやスキレットから、こちらに乗り換えてみてはいかがだろうか。

奥がフライパンS、右がカウボーイプレート、手前がキャンププレート。

フライパンSの蓋としてキャンププレートがぴったり収まる。

下が新品、上がシーズニングをして使い込んだ状態。美しい飴色になる。

持ち手(リフター)はわずか53gのアルミ製。

 

17,600円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

ウルトラクックキットSサイズ

https://www.pal-shop.jp/item/A55007006.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事