お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

女性からの熱いまなざしが期待できるポップコーンポッパー

2019.03.06

昔、仕事仲間と伊豆大島にキャンプに行ったとき、ライターのTさんがポップコーン用のコーンを持ってきていた。フッ素加工のコッヘルに油をたらして、バーナーの火の上でコーンをコロコロところがすと、ポンッポンッとコーンがはじけだす。音がしなくなったところでコッヘルのふたを開けると、香ばしいにおいがして、湯気のなかからポップコーンが現われた。ポップコーンをキャンプで食べるのは初めてだった。なかなかうまいものだなと思った。メンバーには女性2人もいたのだが、その女性たちのTさんへの熱いまなざしも印象に残った。

ポップコーンは材料が軽いわりに、かさが増えて食べごたえがあるし、味つけも塩だけでよい。なおかつ温かい。キャンプに持っていくおやつとして理にかなっている。余談だが、そのときTさんはハウス食品の「フルーチェ」も持ってきていたが、フルーチェの場合はけっこうな量の牛乳が必要であり、島のキャンプに妥当なおやつであったかどうか、疑問が残る。

今回、このファイヤーサイドの「シェイクポップ」を見て、あのときの味と女性たちのまなざしを思い出した。「シェイクポップ」はポップコーン専用のフライパンである。開閉式のふたが付いているのと、焚き火で使いやすい長い柄(ハンドル)が付いているのが特徴といえる。本体はステンレスにポリエステルシリコン加工が施され、焦げつきにくい。あの伊豆大島の一夜からそれなりの時が流れ、2人の女性も結婚した(Tさんと、ではない)。こんどは私がポップコーンを作る番だろう。

 

コーンの量は大さじ2.5杯(約30g)が目安。はじける音がしなくなったら完成だ。

長い柄はネジをはずして2つに分解して、本体に収納することができる。

 

5,076円

 

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

詳細を見る

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事