噂の『極厚鉄板solo model』を使ってみた!

2018.09.07

安い肉が本当に美味しく焼けて、びっくり!

出発当日、地元のスーパーにて、決して高くない牛肉を買出し!

国産牛でもないし、霜降りでもない肉だったので、まったく期待していませんでしたが、食べてみてその極厚鉄板のスゴさを改めて感じました!

味付けは、塩、コショウ、ローズマリーだけ。そして、アツアツに熱した極厚鉄板に、肉をジューッと置いただけ。気にしたのは、なるべく肉の表面をすぐ焼き締めて、肉汁を逃さないことだけでした。

ミディアムレアにうまく焼き上げられた肉を食べた瞬間……、

「ウマーッ!!」

表面はカリッ!と、中はふーっくら、プリッとジューシーで、肉汁の旨みたっぷり!!!! 本当に美味しかったです!

「あれ? これ安い肉だよね?」 と皆で驚いていました!

「今までなんで高い肉買ってたんだろ・・・」と嘆くほど。

 

極厚鉄板なら、安い肉でも旨く焼ける!

これ、まんざら嘘でもなさそうです!!

 

飾らない無骨な“鉄”の一枚板

板厚6㎜の鉄の一枚板。ホームセンター等で販売されている価格の安い鉄板は、使っていくうちにすぐペラペラになるが、これは一生モノ。

極厚鉄板は溶かした鉄を強力なローラーで押し固めて、それを型抜きするため、非常に密度が高く、急冷しても割れにくい頑丈な鉄板となる。

 

ハンドルにもなるスクレーパーが付属!

付属のスクレーパーは、カリカリチーズ焼きにも便利! もちろんメンテナンス用の焦げ落としにも使える。

さらに、溝に差し込めばハンドルに変身! そのまま食卓に持っていくのもよい。

 

こだわりのディテール!

『極厚鉄板solo model』の特徴は縁が立ち上がっていること! これにより転がり落ちやすいソーセージも安心して焼き上げられる。

さらに、ハンドルを差す溝からは、余分な肉の脂が流れ落ちる仕組みだ。下にシエラカップ等を置いておけば、この1か所から脂が流れ落ちる。

 

まるでシェフの焼き上がりに!

プロの鉄板焼き料理屋では、カウンター席の目の前でシェフが料理を振るってくれる。『極厚鉄板solo model』も、鉄板の上でナイフを使って問題なし。テフロン加工を施されたフライパンとは違う、純粋な鉄板焼き料理を楽しめる。

 

メンテナンスも簡単!

鋳物の鉄板に比べ錆びにくいので、メンテナンスも簡単。使用後は水とタワシで汚れを洗い流し、乾燥させるだけ。油を塗っておくと錆びにくい。

洗った後は、付属の収納ケースに入れておけば、汚れも気にせず保管が可能だ。

 

極厚鉄板solo model

  • 鉄板は縦21×横15㎝、約1.4㎏。鉄(板厚0.6㎝)。
  • スクレーパーは幅3.5×長さ17.5㎝、約600g。ステンレス、木。

 

詳しくはコチラ
https://www.pal-shop.jp/category/IP_001_000_000/A55805001.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』