鉄板ですか、フライパンですか。いえいえ「フライアン」です

2020.10.05

左が「フライアン 3.2t」、右が「フライアン タイニー」。それぞれコットン製の収納袋が付属する。

「/moose/ roomworks(ムース ルームワークス)」は、北海道札幌市で2018年に誕生したアウトドアギアブランド。同ブランドが最初に開発した商品が、この「Frying iron(フライアン)」だ。当初は、16×16cmの「フライアン 3.2t」だけだったが、現在は小さめ(12×12cm)の「フライアン タイニー」も展開している。

まず特筆すべきは、取っ手がないということ。取っ手の差し込み口だけがあって、そこに好きな枝を差しこんで取っ手とする。つまり、自分だけのオリジナルの取っ手が作れるというわけだ。もしくは出かけた先で枝を拾って、毎回違う取っ手にしてもよい。装備をミニマムにしたい人にはありがたい仕様だ。取っ手があるという点ではフライパンだが、四角い形状とフラットな底面を見ると、鉄板と呼びたくなる。鉄の断面は、蓄熱性を高めて肉をおいしく焼くために3.2mmという厚さにしている。この点はやはり鉄板と呼ぶにふさわしい。しかし、鉄板の4辺の縁を少し持ち上げて、脂がしたたり落ちないようにしている点は、鉄板とフライパンの折衷という感じがする。鉄板と呼ぶべきか、フライパンと呼ぶべきか。迷うような商品だが、やはり「フライアン」と呼ぶのが正解なのだろう。とにかく、「これで肉を焼いてみたい」と強烈に思わせるユニークな商品である。

差した枝は付属のよーと(ネジ)で固定する。

「フライアン 3.2t」で料理。ソロ~2人用として十分な大きさ。

フライアン 3.2t:4,980円

フライアン タイニー:3,980円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

フライアン 3.2t

フライアン タイニー

https://www.pal-shop.jp/item/A55010004.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。