四国×メキシコ!職人の心意気が詰まったハンドメイドの家具「オーチョキャンプ」。

2017.07.14

「オーチョキャンプ」は、山と川、海に囲まれた高知県で、ひとつひとつ手仕事で作られるキャンピング・プロダクト。

「キャンプは日常」という作り手たちが、実際にフィールドテストを重ねて「本当にほしい」と思える道具を突き詰めて製作している。

木のものは地元の家具製作所が、革のものは革職人が。地元のクラフトマンが生み出すプロダクトは、使うほどに味が増す一生ものだ。

チェアやスツールに使われているタペストリーは、代表の西奥起一さんが旅したメキシコのデザインがインスピレーションされている。地方の村を訪ねて出会った手織物の美しさを、独自にアレンジしているのだ。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿写真

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事