容量が多くてろ過が速い! 頼りになる浄水ボトル

2019.10.05

グレイルの高速浄水ボトルは日本ではいまのところ2種が発売されている。ひとつは写真の「ジオプレスピュリファイヤー(以下GEO)」。もうひとつは「U.L.ウォーターピュリファイヤーボトル(以下U.L.)」。U.L.というとおり後者のほうがコンパクトである。ほかに何を基準に選べばよいか。この2つを比較してみた。ちなみに、ウィルス、バクテリア、原虫などを99.999%除去するというろ過性能については2つとも変わらない。

1、サイズ

 GEO:約直径8.6×高さ26.5cm

 U.L.:約直径7.3×高さ24.5cm

2、内容量

 GEO:710ml

 U.L.:473ml

3、重さ

 GEO:450g

 U.L.:309g

4、ろ過にかかる最短時間

 GEO:8秒

 U.L:15秒

5、飲み口の有無

 GEO:有り

 U.L.:なし

6、価格

 GEO:9,980円+税

 U.L.:6,980円+税

注目すべきはGEOのほうが容量が多いわりに、ろ過にかかる時間が短いということ。ボトルの直径が大きく、ろ過カートリッジの断面も大きいからだろう。容量が多いからろ過の回数が少なくて済み、そのろ過の時間も短い。これはなかなかうれしい利点だ。というわけで、せっかちでめんどくさがりやの私にはGEOがいい。もちろん荷物を極限まで軽くコンパクトにしたいときは、U.L.を選ぶだろうけれど……。

アウターボトルに水を入れて、ろ過カートリッジの付いたインナーボトルを押し込む。そうするとインナーボトル内にろ過されて水が溜まる。

オレンジ色のパーツがろ過カートリッジ。約350回使用したら交換のタイミング。ろ過カートリッジは3,980円+税で販売されている。

 

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

ジオプレスピュリファイヤー

https://www.pal-shop.jp/item/A55910010.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ドリンクボトル 』新着ユーザー投稿記事

『 ドリンクボトル 』新着編集部記事

おすすめ記事