街でもアウトドアでもおしゃれ!VENQUE(ヴェンク)のバックパック

2020.07.06

私が書きました!
茶人トラベラー
LIEN(リエン)
バッグパッカー出身、茶道家でアウトドアクッキング歴20年。フランス在住。基本的に現地調達スタイルが好きで、なるべく荷物が多くならないよう工夫する。夏は、川に釣りに行き、冬はまた川にワインとラクレットを楽しみに行く。

カナディアンデザイナーのバッグブランド “VENQUE”を徹底紹介

山に行こう、川に行こう、どこか行こう!と思ったとき、準備をすることは多いと思いますが、意外と重要になるのが、バックパック選びだと思います。

荷物を持って移動するときなど、両手が空いていると便利です。そして、収容力が高いと持っていきたいものを存分に収容できるのでアウトドアが楽しくなります。また、アウトドアファッションという部分でも、大きくウェイトを占めるバックパック。自分の趣味に合うお気に入りのひとつを見つけたい、と多くの方は考えているのではないでしょうか。

こんな人におススメしたい!

今回ご紹介するVENQUEのバッグパックは・・・

・アウトドアで使えるバッグが欲しい
・お洒落にいきたい
・しっかりとした作りの良いものがいい
・人とあまりかぶらないものがいい
・街でも使えるものがいい

そんなバッグないかな~と探している方は、要チェックです!

お洒落アウトドアラー(アウトドアが好きな人の造語)にも、ビジネスアウトドアラーにも、しっかりと対応してくれるVENQUE(ヴェンク)というバッグブランド。私が愛用している“ALPINE RUCKSACK”を中心に、使ってみた感想も踏まえて、詳しくご紹介していきます。 

トロント出身の兄弟が、素材にもこだわり抜いた “VENQUE”

VENQUEを立ち上げたのは、オープンマインドな家庭で育ち、自然を心から愛するSimonと、8歳のころ、父親の革ジャケットを剥ぎ、小さな財布を作り上げた経験を持つViktor。ファッション業界で経験を積んだ二人は、2011年、自分たちの理想を掲げ、メゾンを立ち上げました。「手が届きやすい価格帯で、高級感と実用性、デザイン性をも兼ね備えたバッグを作る」。この理念を元に、現在も洗練されたコレクションラインを産み出し続けています。

キャンパス生地ではない、独自の素材が使われています。

注目して欲しいポイントは・・・

Simon氏いわく、VENQUEは、登山などの本格的なアウトドア用には作っていないが、Amsterdumシリーズなどは日常や軽いハイキング、アウトドアのどのシーンにも使えるよう意識して作っているのでおススメだ、とのことです。

素材も、自分たちが納得できるよう、汚れにくい、傷つきにくい、シミになりにくいという独自の素材を研究し、作られています。確かに、触ってみると、カジュアルな見た目とは違い、ツルっとして品質もよく、傷つきにくそうという印象を受けました。水もよくはじき、天気を気にせずに使えるのもいいです。山に持って行って、ぐちゃぐちゃに汚れてしまうのは受け入れがたい私も、このバッグなら安心できると感じています。

彼らの選ぶ最高級の革を使用し、職人が手仕事で作り上げています。また、環境問題にも意識を置き、プラスチック素材は使わず、耐久性の高いナチュラルファイバーを使用したオリジナル素材を使っています。彼らの使用しているファイバーのほぼ100%がナチュラル素材で、かつ再利用できるものだそうです。

デザイナーのSimon氏自身が、根っからのアウトドア好き。毎日のジョギングに加え、夏はサイクリング、冬はスキーと、カナダの自然をめいっぱいに楽しんでいます。そんな彼らだからこそ、アウトドアを楽しむ人が、使いやすく持っていきたいと思えるものが作れるのでしょう。

収納場所の紹介 ~6つの使えるポケットたち~

見た目だけでなく、実用性もかなり高いVENQUEのバッグパック。

”ALPINE RUCKSACK”の使い勝手をかなり良くしてくれている、6つのポケットを紹介していきます。

背中側ポケット

背中にあるクッションのおかげで気持ちよく背負っていられます。

旅行に行く際には、パスポートや現金、カード類など、すぐに取り出す必要のないものは、ここに入れておくと安心です。クッション性なので、モノが入っていても、全然気になりません。

サイドポケット右側

チャックで、サイド幅を変えられます。

私は、いつもペットボトルやタオルなどを入れておくのですが、取り出しやすくてとても便利です。

サイドポケット左側

チャックで、全部閉まります。

虫よけスプレーや、飴やチョコレートなど、小さいものを入れたりしています。欲しい頻度が高いもので、小さめのものは、たいていこのポケットに入れています。多少の高さ、長さがあるものも入れらるので、結構使い勝手のいいポケットです。

表面外側のポケット

細かな仕切りのあるポケットが便利です。

ペンや携帯電話、メモ帳などが仕切りの部分に入れられ、それぞれ取り出しも楽です。私はいつも、財布やウェットティッシュ、鍵類などをここに入れています。また、冊子も入る大きさなので、小さな図鑑を入れておくこともあります。

バッグ内側

少し大きめな、チャック付きのポケットです。

大きめなので、ノートでも、小物でも入ります。私は、レインコートやレジャーシートなど、いざというときに、すっと出したいものを入れるようにしています。

バッグ内側の背中側

パソコン用ポケットなので、クッション性がしっかりしています。

15インチまでのパソコンを入れるスペースが、あります。パソコンをそのまま入れても、守ってくれるので、とても安心できます。私は、子供とピクニックへ出かけるときもパソコンを持ち歩きたいので、重宝しています。

おまけの収納バッグ

こちらも、クッション性は抜群です。

6つのポケット以外に、付属しているカメラバッグが、結構使えます。
カメラ機材を収められるようにと考えられ、ふわふわした素材になっているため、守りたいものを守ってくれます。私は、抹茶茶碗を入れて、お出かけ先で野点を楽しむなどしています。

使い心地~まとめ~

一番気に入っているところは、デザインと色合いです。他にも山バッグとして人気のあるブランドもあるのですが、私個人としては、そのようなバッグはアウトドア寄りの雰囲気があり、あまり好きにはなれませんでした。 アウトドアだけでなく、街や仕事先など、日常でも何かと使いたくなるシーンがあったからです。

VENQUEは水に強い、傷に強いなど実用性も優秀。色合いも、黒とグレーでシックにまとめられているところが、とっても気に入っています。基本的に、ドレスアップしたとき以外なら、どんなスタイルでも使えます。山の帰りに、ちょっと街に寄って帰るというときでも、服装が汚れていない限り、アウトドア全開の印象にならないところも、気に入っているポイントです。 

スカートでも背負えるVENQUE

背負ったときの感じは、肩と背中がふわふわしていて、重いものを入れていても、辛くならないです。何かと荷物が多くなりがちなお出かけやアウトドアにも、たくさんモノを入れることができるので、もう手放せなくなっています。

山に行くときは、おにぎりに水筒、タオルに水着は必須。その他、カメラに携帯に上着、虫よけやかゆみ止め。旅行に行くときは、プラスでパソコンも。重たくなるのは控えたいところですが、ばんばん荷物を入れて持って背負っていっても、苦にならず、とっても助かっています。

VENQUEのバッグは、買って後悔しなかったものベスト3に入ります。使い心地に実用性、スタイリッシュさに、しっかりとした作り。どれを取っても問題なく、全然飽きもこないです。

これから、アウトドアも色々楽しんでいきたい。できれば、あらゆるシーンで活用できそうなのがいい。頑丈だけど、アウトドア過ぎないデザインのものがいい。また、がっつりアウトドアをする気はないけど、アウトドア気分になれるお洒落なバッグが欲しい・・なんて思っている方にも、VENQUEのバッグパックは、是非おススメできます!

旅が人生なら、バッグパックは、パートナー。

VENQUEデザイナー Simon氏からのメッセージ

最後に、アウトドアが大好きな読者の方々へ、VENQUEのデザイナーのSimon氏からメッセージを頂いたので、ご紹介します。

” Many of us are very fortunate that we are able to access to the outdoor activities, the mother earth has given us great things and we have to appreciate them, enjoy the moment but we will need to keep our environment sustainable, I’ve seen many wastes in the mountains and witnessed people just toss around the garbage, we have to respect nature, and go out to enjoy the best of it. Simon” 

”アウトドアを楽しむことが出来る私たちは、とても幸運です。母なる大地、地球は私たちに素晴らしいものを与えてくれていて、それに感謝しなくてはいけません。しかし、楽しむと同時に、私たちは環境を守ることも考えなくてはいけません。私は、山で廃棄物が捨てられているのや、ゴミ箱の方にただゴミを投げ捨てるだけの人たちをよく見ました。自然をリスペクトし、この最高の自然を楽しみに出かけましょう! サイモン”

”VENQUE”
https://www.venque.ca/ (カナダのサイト)
https://venque.jp/  (ジャパン オフィシャルサイト)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事