オスプレーのリュックの魅力は?用途別におすすめ商品10選を紹介 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    バックパック・バッグ

    2023.07.25

    オスプレーのリュックの魅力は?用途別におすすめ商品10選を紹介

    登山やハイキング用のバックパック選び、何を選べば良いのか迷いますよね。アウトドア用のバックパックを探している人はもちろん、旅行用や出張用、普段使いができる機能的なリュックを探している人は、オスプレーを検討してみてはいかがでしょうか。オスプレーのリュックの魅力や、シーン別のおすすめ商品を紹介します。初心者から上級者まで人気のオスプレーで、お気に入りを見つけましょう。

    オスプレーのリュックの魅力って?

    「キャンプ初心者が伊豆大島をテント泊で旅してみた!」https://www.bepal.net/archives/306502

    オスプレーは1974年、アメリカで誕生したブランドです。1台のミシンから商品の製作が始まり、現在では世界中のあらゆる場所で使われる人気ブランドへと成長しています。そんなオスプレーのリュックの魅力を三つ紹介します。

    軽量で背負い心地がよい

    オスプレーのリュックの特徴として、軽量で背負い心地がよいことが挙げられます。オスプレーはもともと、カスタムメイドからビジネスをスタートさせました。そして創業から2年後には高通気性のメッシュ素材を開発しており、背負い心地のよさを追求しているのです。

    大量生産を行なっている現在でも、徹底した品質管理は怠っていません。このような企業努力が、リュックとして重要な軽量性・快適性のよさを実現しているのでしょう。

    登山からタウンユースまで使える

    オスプレーのリュックは、高いデザイン性も人気の理由です。2009年には『Osprey Exos 46 Backpack』がアメリカで権威のあるグッドデザイン賞を受賞しています。

    登山やアウトドア用だけでなく、ビジネス・トラベル用のモデルも販売されており、タウンユースでも使いやすいリュックが多くあります。デザインもシックで、街で使っても違和感がないため、毎日使いたいリュックを探している人にもおすすめです。

    リーズナブルな上に機能性が高い

    オスプレーのリュックは、高機能ながら価格がリーズナブルな点も見逃せません。それに加え、利用シーンを細かく分けて商品が展開されており、ユーザーのニーズを満たす商品を多く販売しています。

    アウトドア初心者の場合、いきなり高価なリュックを購入するのに気が引ける人も多いでしょう。しかしオスプレーのエントリーモデルは1万円台から販売されており、レインカバー付きのモデルもあります。初心者でも手に取りやすい価格といえるでしょう。

    さらにサイズ展開が豊富で、レディース向けに開発された商品もあり、自分にピッタリのリュックを見つけやすくなっています。

    登山におすすめのオスプレーのリュック

    「新緑ハイキングにオススメ!大分県の「猟師岳・合頭山」の日帰り登山」https://www.bepal.net/archives/226123

    初心者や、日帰りのハイキングから、1~2泊のトレッキング、長期縦走まで、登山を考えている人に向けて、オスプレーのおすすめリュックを紹介します。エントリーモデルから、本格的な装備を有したハイエンドモデルまで紹介するので、ぜひチェックしましょう。

    ケストレル

    登山からハイキング、旅行まで幅広いシーンで使えるモデルです。サイズは36L・38Lの2サイズが展開されており、ここでは38Lの特徴を紹介します。

    背中にフィットする設計になっており、足場の不安定な場所を歩く際もしっかりと体に密着します。さらにレインカバーが内蔵されているのはうれしいポイントです。ちょっとした荷物を取り出すのに便利なサイドアクセスジッパーも搭載されています。

    トレッキングポールを一時的に固定できる『ストウオンザゴー』というアタッチメントも装備されています。初心者から上級者まで幅広い層におすすめのモデルです。

    オスプレー
    ケストレル

    サイズ:ML(縦75×横31×奥29cm) 容量:ML(38リットル) 重量:ML(1.54kg)


    ストラトス

    容量は44L、日帰りハイキングはもちろん、宿泊を伴う登山にも対応しているモデルです。デザインはシンプルで癖がなく、かつ高い通気性を確保しているのが魅力です。背面システムの『エアスピード』は、背中を空気が抜ける設計になっています。汗をかいても不快感を軽減してくれるでしょう。

    前面には縦型のジッパーが搭載されており、リュックを下ろさなくてもメインコンパートメントにアクセスができます。サイドにあるボトルポケットや、レインカバーが付属されているなど、かゆい所に手が届くモデルです。重量が約1.65kgと軽量なのもポイントです。

    オスプレー
    ストラトス

    容量:36リットル サイズ:71×37×27cm(縦×横×奥行) 重量:1.56kg


    イーサー

    1週間程度までの宿泊を伴う登山に適したモデルです。65Lと68Lのモデルがあり、ここでは65Lのモデルを中心に紹介します。大容量ながら約2.23kgの軽量さが魅力で、長時間の歩行でも体力を奪いにくくなっています。

    ショルダーベルトは肩を包み込むような背負い心地で、歩行をしっかりとサポートしてくれるでしょう。フロントパネルには大型のジッパーが搭載されており、メインコンパートメントへ容易にアクセスが可能です。

    スリーピングバッグコンパートメントとスリーピングパッドストラップは着脱可能で、必要に応じてリュックのサイズ調整ができる点も魅力です。

    オスプレー
    イーサー

    容量:S/M=55リットル、L/XL=58リットル サイズ:S/M=縦78×横38×奥25cm、L/XL=縦83×横38×奥25cm 重量:S/M=2.19kg、L/XL=2.21kg サイズ:S/M(第7頸椎骨~腰骨最上部=43~52cm)、L/XL(第7頸椎骨~腰骨最上部=49~58.5cm)


    アンリミテッドアンチグラビティ

    オスプレーが有する技術を惜しみなく投じ、快適性と機能性を追求したハイエンドモデルです。サイズは2種類ありますが、どちらも容量は64Lです。

    主要部分にはUHMWPE(超高分子量ポリエチレン)グリッドを織り交ぜたナノフライファブリックを採用しており、オスプレー製品随一の耐久性と軽量性を実現しています。

    背面システムは、ポリカーボネート製のフレームシートや3Dメッシュのランバーパッドを搭載し、高い通気性とフィット感を確保しています。トップリッドは着脱が可能で、ウエストポーチとして使用も可能です。

      • 商品名:オスプレー「アンリミテッドアンチグラビティ」
      • 公式サイト:商品はこちら

    オスプレー
    アンリミテッドアンチグラビティ

    サイズ:M/L 容量:64リットル、外寸:78cm×38cm×25cm(縦×横×奥行) 重量:2.19kg


    ビジネス向けオスプレーのおすすめリュック&キャリーバッグ

    「ワーケーションのススメ〜お気に入りのギアに囲まれてご近所キャンプワーケーション〜」https://www.bepal.net/archives/169629

    普段使いができるリュックを探している人も多いでしょう。オスプレーからはビジネス向けのモデルも販売されています。ビジネスシーンで使えるリュック・キャリーバッグを二つ紹介します。

    デイライトプラス

    シンプルなデザインで、アウトドアからタウンユースまで違和感なく使えるモデルです。容量は20Lとビジネスバッグとしてはちょうどよく、重量はわずか約0.56kgの軽量さを誇ります。

    着脱可能な簡易ハーネスも付いており、軽いアウトドアでも性能を十分に発揮できるでしょう。13インチのパソコンを収納できるスリーブやボトルホルダー、小物入れなどビジネスバッグとしての機能もばっちりです。対応する他モデルとの接続が可能なのもポイントです。

      • 商品名:オスプレー「デイライトプラス」
      • 公式サイト:商品はこちら

    オスプレー
    デイライトプラス

    サイズ:縦46×横26×奥24cm 重量:560g 容量:20リットル


    ソージョン

    キャリーハンドル付きのキャリーバッグです。容量は45L・60L・80Lの3サイズが展開されており、旅程に合わせてマッチした容量を選べます。ここでは60Lモデルの特徴を中心に紹介します。

    カラーはシックなブラックで、ビジネスシーンの邪魔をしません。トップとサイドには取っ手が付いており、さらにショルダーベルトも搭載されているので、3wayで持ち運びが可能です。『デイライト』『デイライトプラス』の装着も可能で、使い道が広がるモデルです。

    オスプレー
    ソージョン

    容量:60L サイズ:縦64x横36x奥35cm 重量:3.87kg


    旅行におすすめのオスプレーのキャリーバッグ

    「エモい一枚を残せる!意外と知られてな意外な撮影スポット3選」https://www.bepal.net/archives/308645

    旅行用のバッグを探している人に向けて、おすすめのキャリーバッグを二つ紹介します。旅行をサポートしてくれるさまざまな機能に注目しながら見ていきましょう。

    トランスポーター

    容量65Lのダッフルバッグです。状況に合わせて手提げ・背負いの2wayで使えます。ショルダーベルトは収納可能なので、使わないときでも邪魔になりません。

    素材には耐水性と耐摩耗性が高いTPUコーティングが施されており、悪天候時や飛行機などで少々雑な扱いをされても耐えられるでしょう。メインコンパートメントは大きく開くため、荷物のパッキングや取り出しがしやすくなっています。メインジッパーに付いたフラップにより、雨の侵入も防いでくれます。

      • 商品名:オスプレー「トランスポーター」
      • 公式サイト:商品はこちら

    オスプレー
    トランスポーター

    容量:40リットル 重量:1.14kg サイズ:縦55×横35×奥23cm


    トランスポーターウィールドダッフル

    90Lの大容量のキャリーダッフルバッグです。キャリーハンドルと大口径ホイール・取っ手が付いています。たくさんパッキングしても耐えられる強靭なフレームに加え、TPUコーティングにより高い防水・耐摩耗性を確保しています。

    U型に開くメインジッパーにより、ストレスなく荷物のパッキング・取り出しが可能です。

    ホイールは径が大きく作られており、悪路でもしっかりと転がってくれるでしょう。スーツケースよりもカジュアルで取り回しのよいバッグを探している人におすすめです。

      • 商品名:オスプレー「トランスポーターウィールドダッフル」
      • 公式サイト:商品はこちら

    オスプレー
    トランスポーターウィールドダッフル

    容量:90リットル 重量:3.42kg サイズ:縦80×横44×奥35cm


    女性向け 登山におすすめのオスプレーのリュック

    「ケータイマグを持って、初夏のハイキングに出かけよう!【PR】」https://www.bepal.net/archives/320269

    オスプレーは女性用に開発したリュックを多く販売していることも特徴の一つです。基本的にはメンズモデルを女性用に改良した形になっており、メンズバージョンに相当するモデルがあります。登山をする女性に向けて、おすすめのリュックを二つ紹介します。

    カイト

    女性の体に合わせて設計されたショルダー・ヒップハーネスが特徴のモデルです。ケストレルの女性用モデルに相当します。容量は36Lと38Lがあり、ここでは38Lの特徴を中心に紹介します。

    背面が背中にしっかりとフィットし、悪路でもバランスを保ちやすいでしょう。サイドジッパーも搭載されているので、リュックを下ろさなくても荷物の収納・取り出しが可能です。重量は約1.84kgと、容量のわりには軽量です。

    トレッキングポールを一時的に固定できる『ストウオンザゴー』アタッチメントを装備しており、ハイキング中に背負ったままトレッキングポールをバックパックに固定することができます。レインカバーも標準装備で、日帰りハイキングから本格的な登山まで使える万能モデルです。

    オスプレー
    カイト

    サイズ:SM(縦70×横34×奥32cm) 容量:36リットル 重量:1.47kg


    シラス

    ストラトスの女性用モデルです。容量は24Lの1サイズですが、フレームと各種調整部分が改良され、1サイズでも柔軟に背面長を調整可能です。背面システムには『エアスピード』を採用しており、高い通気性を確保しています。

    前面に配されたジッパーポケットが、中身への素早いアクセスを可能にしています。ヒップベルトは小物入れも兼ねており、ペットボトルのドリンクを収納するといった使い方が可能です。内部にはハイドレーションポケットが配されているため、歩行しながら水分補給もできます。

    オスプレー
    シラス

    容量:24リットル サイズ:55×34×24cm(縦×横×奥行) 重量:1.29kg


    まとめ

    「3位はサロモン、2位はパーゴワークス、1位は…?いま売れているバックパック15選【30リットル未満編】」https://www.bepal.net/archives/204940

    オスプレーのリュックは軽量さや、機能性、普段使いしやすいデザイン性が魅力です。さらに価格もリーズナブルのため、初めて買うリュックとしてはよい選択肢になるでしょう。

    利用シーンに応じて細かくモデルが分かれており、女性用に設計されたモデルもあります。ビジネスや旅行用に開発されたモデルもリリースされているので、普段使い用を探している人にもおすすめです。軽さや背負い心地を重視する人は、ぜひオスプレーのリュックを手に取ってみてはいかがでしょうか。

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    防水バッグ19選|タイプ別におすすめを紹介!アウトドアでも日常でも活躍

    2024.04.13

    L.L.Bean「ボート・アンド・トート」80周年!日本限定デザインモデルが数量限定発売

    2024.04.01

    ヘリーハンセンのリュックの魅力は?おすすめ商品を11個紹介

    2024.03.31

    チェストバッグやウエストバッグ…登山を快適にするサブバッグのフル活用術教えます!

    2024.03.30

    ランニングにはポーチがあると便利!選び方やおすすめ商品を紹介

    2024.03.29

    バックパックおすすめ40選!日常・旅行・キャンプ・登山向け…人気モデルを一挙紹介

    2024.03.28

    カセットフー「タフまる Jr.」専用のアウトドアケース第2弾発売!デザイン良し&肩掛けOK

    2024.03.26

    ウルトラマンとコールマンがうれしいコラボ!ブラックカラーの定番ポーチ&バッグが欲しくなる~

    2024.03.20