• ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の青空工房 第22回】叩いて打ち出すアルミのキャンプ皿

【長野修平の青空工房 第22回】叩いて打ち出すアルミのキャンプ皿

2017.01.07

前編で下準備をしたアルミのキャンプ皿を後編で仕上げていきます!

打つ

DMA-_DSC4400

DMA-_DSC4448

丸太などに穴を穿ち、柄を外したブロックハンマーの頭の細いほうを打ち込んで固定。

DMA-_DSC4405

余分な傷や模様ができないよう、板が触れる面をサンドペーパーで磨き滑らかに整える。

DMA-_DSC4470

皿の表になるほうを当て金にのせ、中心から渦巻きを描くように金槌で細かく打っていく。

DMA-_DSC4489

たまに表に返し、出っ張ってきた部分を木槌で打って、平らにならす。

DMA-_DSC4615

縁部分は皿を傾けて、角を立ち上げるように調整しながら細かく打っていく。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の青空工房 第22回】叩いて打ち出すアルミのキャンプ皿

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事