【子育てパパ長野修平の青空日記vol.02】雪中基地作り | BE-PAL

【子育てパパ長野修平の青空日記vol.02】雪中基地作り

2016.02.06

スノードーム

煙突の煤払いをし、丸太を割って薪を積む。すきま風が入らないように家や工房の補修をして、鉢植えは霜のかからないひ
さしの下に。これが長野家恒例の冬。長野家がある場所は東京とはいえ、都心より5度C以上も冷え込む。日中でも火を焚いていないと、手がかじかむほど寒さが厳しい。
しかし、そんな立地だからこそ雪が降った日は、家族総出で基地作りが始まるのだ。

長野家のかまくらは、枝の支柱と雪を併用したオリジナル。「イヌイットのイグルーと、ネイティブアメリカンのティピーを合体したイメージ。支柱があると、雪が少なくてもかまくらを作ることができるんだよ」と長野さん。
普通は雪の山を作って中をくり抜くが、支柱を立てて、周りに雪を積み上げていく。

日が暮れると、ろうそくで灯り取り。しんとした冷たい空気のなかに、ホンワカ温かい父子の姿が浮かび上がる。

【スノードーム作り】

キャプチャ

支柱になる枝を数本束ねて、上部をロープで縛る。それを雪の上に広げ、先端を地面にさし込んで固定する。

キャプチャ2

下側はトタンを貼って補強し、支柱の周りに雪を積む。そりのなかで固めてブロック状にすると作業が楽。

キャプチャ3

まず外側から雪を積んでいくが、崩れそうなら内側からも押さえ、上にいくにしたがって厚みを薄くする。

キャプチャ4

最後はちょっと水を入れてのりにした雪で、内と外から補強して完成。これが夕方だと凍って頑丈になる。

窓ガラス1

キャプチャ5

手洗い用に桶に溜めておいた水が凍っていたので、これを窓ガラスに使うこと、決定!

キャプチャ6

桶ごと水に浸けて周りを溶かし、凍った氷を取り出す。お湯だと全部溶けてしまうので、溶かすのは水で。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。