BBQ界に革命!? アウトドア用ガス缶で丸焼きができるweberの新作「Q1250」がスゴい! | BE-PAL

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • BBQ界に革命!? アウトドア用ガス缶で丸焼きができるweberの新作「Q1250」がスゴい!

BBQ界に革命!? アウトドア用ガス缶で丸焼きができるweberの新作「Q1250」がスゴい!

2017.05.15

煙が少なくてコンパクトなBBQコンロ。庭やベランダでも使いやすい!

 「ウェーバー」を象徴するのは、コロンとしたデザインのふた付きチャコール(炭火)グリル。

 アウトドア好きにはなじみ深いブランドだが、いかにもアメリカらしい雰囲気と、ホーロー加工されたエレガントな質感はSNS受け抜群。グランピング施設やBBQ施設で見かける機会が増え、またぞろ注目を浴びている。

 そのウェーバーが、日本仕様のガスグリル『Q1250』を5月15日に発売した。

「日本では木炭(チャコール)を使うBBQが大半ですが、木炭は着火から片付けまでやることがいっぱい。煙もたくさん出て、小さな庭ではBBQを楽しみにくいという現状があります。日本人の日常は忙しいのに、BBQも忙しいなんて! そこでBBQは簡単なんだよ、ということを知らせたくて、日本向けグリル、『キャンプQ』を開発しました」(ウェーバー・スティーブン・プロダクツ・ジャパン代表 アダム・ホールさん)
 
 ウェーバーでは2003年にガスを用いた『Qグリル』を発表している。アメリカを中心に各国で評判を呼んだ人気シリーズだ。

 アダムさんによると、BBQ人気の高いアメリカではほとんどの家庭で2台のグリルを持っており、ガスグリル比率は約6割。オーストラリアとニュージーランドでは、ほぼすべての家庭にウェーバーのガスグリルがあるとのこと。

 日本でもプロパンタイプの『Q』シリーズを販売しているが、今回“プロパンの購入・保管が大変”という日本マーケットのニーズにあわせた、OD缶(登山用コンロなどに使用するガスカートリッジ)タイプの『Q1250』を開発したのだという。

アダム・ホールさん(写真左)とイギリス人の人気シェフ、ジェイミー・フォイさん。「ウェーバーのオーナーは“シェアを伸ばせ”“目標販売台数は何台!”という指示は出しません。その代わり“何人に食べさせたの?”、“何人を喜ばせたの?”という質問をします。バーベキューによって、人を喜ばせることが私たちの使命なんです」(アダムさん)

 

ウェーバー/Q1250

4万9900円

※グリルを載せている「ポータブル・カート」は別売り(オープン価格)

【問】ウェーバージャパン カスタマーサービス 03-4578-0240(平日10:00〜19:00)

 https://www.weber.com/JP/ja

重量は本体5.4kg、焼き網4.75kg。重量感はあるが、ひとりで持ち運びできる。

ポータブル・カートがあれば、たたんでからウィールで引っ張ることも可能だ。ウィールは直径が大きく、ラフな地面で引いても安定感がある

サイズは、W69 (最大103.9)×D41.9×H39.4cm。ガーデン用テーブルに載せてもいい

ウェーバーが独自開発した専用のOD缶を使用することで、ハイパワー+長時間調理を実現させている

 

「ウェーバーの燃料はプロパンを25%含有しています。そのため中火で4時間、弱火なら5時間ほど使えます」(アダムさん)。

 沸点が-42.1℃と低く、冬用OD缶にも配合されているプロパンを25%配合しており、肌寒い夜でも火力が落ちることはない。専用OD缶はヨドバシカメラで販売中(オープン価格。450g入りで1000円弱)。まだまだ販売店は限られているので、ヨドバシの通販を利用してスピーディーに入手できるのはありがたい。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • BBQ界に革命!? アウトドア用ガス缶で丸焼きができるweberの新作「Q1250」がスゴい!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。