キャンプのおつまみスキレットレシピ3選!ワインにもビールにも合うおしゃれイタリアン | BE-PAL

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • キャンプのおつまみスキレットレシピ3選!ワインにもビールにも合うおしゃれイタリアン

キャンプのおつまみスキレットレシピ3選!ワインにもビールにも合うおしゃれイタリアン

2021.07.10

スキレットひとつでキャンプでも宅飲みでも

キャンプの夜、星空を見上げて飲む一杯。ひとりでもふたりでも、大勢で盛り上がっても、特別に楽しい時間です。

そんなお酒の席に欠かせないのが、おいしいおつまみですね。

今回はスキレットでカンタンに作れる、イタリアンバル調のおつまみを3種類ご紹介します。

どれも人気のガーリックを使った、気取りすぎないレシピです。キャンパーらしく、スキレットのまま食卓に出せば、楽しい気分がさらに盛り上がりますよ。

ベーコンペンネのガーリックチーズ焼き

ベーコンは厚切りのものがおすすめ。

【材料】

乾燥ペンネ(早茹で3分タイプ) 40g
ベーコン 80g
塩 ひとつまみ
ブラックペッパー 少々
チーズ(シュレッドチーズや生モッツァレラチーズなど) 40g~お好きなだけ
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク ひとかけ
水 200cc
鷹の爪(赤唐辛子) 少々(※辛くしたい方のみ入れる)

【作り方】

ニンニクとオリーブオイルは、火にかける前に入れます。

1.スキレットにオリーブオイル、薄くスライスしたニンニクを入れて中火にかける(鷹の爪を使うときは、ここで入れる)。

キツネ色になったら一度スキレットから出します。

2.軽くかき混ぜながら炒め、ニンニクがキツネ色になってきたら火を止める。オイルごと取り出しておく。

カリッと薄めにしても、ゴロッと厚めにしてもおいしいベーコン。

3.中火でベーコンを炒める。焼き色がついたら火を止め、取り出す。ガーリックオイルと一緒にしておく。

塩水で煮ます。基本の味つけはこれだけでOK。

4.水を入れる。強火にかけ、沸騰したら中火に落とす。塩とペンネを入れ、軽くかき混ぜながら3~5分、柔らかくなるまで煮る。

実はもう、これだけでおいしいのです。

5.火を止め、水分が残っていたらこぼして捨てる。取り出しておいたガーリックオイルとベーコンをスキレットに戻す。

写真はシュレッドチーズ。生モッツァレラの場合は、カットして入れるといいでしょう。

6.中火で軽く炒め混ぜてから、チーズを全体に散らす。ブラックペッパーをふる。

スキレットの表面についたチーズが、カリッとしておいしい!

7.全体にとろりとしたら火を止めて、出来上がり。バーナーで表面を炙ると、よりおいしそうに見えるのでおすすめです!

サバ缶トマトのガーリックオイル煮

サバ缶にトマト。「えっ」と思った人はチャレンジの価値あり!

【材料】

水煮サバ缶 1缶
トマト 中1個
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク ひとかけ
パセリ 少々

【作り方】

1.スキレットにオリーブオイル、薄くスライスしたニンニクを入れて中火にかける。

2.軽くかき混ぜながら炒め、ニンニクがキツネ色になってきたら火を止める。オイルごと取り出しておく。

味つけはサバ缶自身の塩味でOK。

3.サバ缶を汁ごと入れる。大きめの塊はほぐして、一口大にする。

トマトは全体に広げて入れましょう。

4.1~2cm角にカットしたトマトを入れる。中火にかける。

サバ缶とトマトのマリアージュ。イタリアンのような、和食のような優しい味わいです。

5.煮立ってきたら作っておいたガーリックチップを入れ、パセリを散らす。少しだけ煮詰めて、火を止めたら出来上がり。

白身魚のガーリックケッパー添え

カジキや旬の白身魚がおすすめ。写真はタラです。

【材料】

白身魚(迷ったらカジキがおすすめ) 200g
ケッパー酢漬け(※文末に説明有) 大さじ1
塩 ひとつまみ
黒こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク ひとかけ
鷹の爪(赤唐辛子) 少々(※辛くしたい方のみ入れる)

【作り方】

1.スキレットにオリーブオイル、薄くスライスしたニンニクを入れて中火にかける(鷹の爪を使うときは、ここで入れる)。

2.軽くかき混ぜながら炒め、ニンニクがキツネ色になってきたら火を止める。オイルごと取り出しておく。

白身魚は全体的に広げて。熱が通ると身が縮みます。

3.一口大に切った白身魚を入れて塩、黒こしょうをふる。中火にかける。

ケッパーの酸味が、アクセントです。

4.魚に火が通ったら、ケッパー、ガーリックオイルを入れて、出来上がり。

まとめ

どのレシピも、ビールやワインに合います。

「ケッパー」ってなに?という方のために、少し解説しておきます。

スーパーでは缶詰・瓶詰めのコーナーか、調味料のコーナーに小さな瓶詰めで売られています。

フウチョウボクの花のつぼみが原材料で、「ケイパー」とも呼びます。塩漬けもありますが、日本ではほとんどが酢漬けの状態で売っているようです。

酢漬けにしたものは独特の風味と酸味が特徴です。タルタルソースに入れたり、スモークサーモンにのせたり、他の料理にもアクセントとして使えますよ。

今回ご紹介したイタリアンおつまみ3種類は、ガーリックオイルを作るところまで、共通の作り方になっています。

最低限の調味料でシンプルながら、日本人好みの味つけを目指したお手軽レシピです。

見た目も華やかなので、キャンプのお酒の席をグレードアップするのに一役買ってくれると思います。

自宅でもぜひ、作ってみてくださいね。

私が書きました!
ママキャンライター
天嶺 葵
北海道在住。キャンプと料理、DIYをこよなく愛するアウトドア系フリーライター。3児の母でもある。本格的なキャンプはもちろん、子どもやペットのニワトリと楽しめる、手軽なアウトドアライフを満喫中。目下の夢は老若男女にアウトドアの楽しさを広める、ブッシュクラフトインストラクターになること。
この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • キャンプのおつまみスキレットレシピ3選!ワインにもビールにも合うおしゃれイタリアン

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。