お餅の調理にニトスキを活用!簡単にできて美味しいおつまみ2選

2021.02.23

私が書きました!
アウトドアライター
のまどう
行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

主食にもおかずにもなるお餅。市販のものは個々に包装されているので、携帯性に優れており、キャンプに適した食材です。

調理してすぐのお餅はもっちりとした食感を味わえますが、冷めると硬くなってしまいます。そんな性質のお餅の調理にピッタリの道具がスキレットです。

スキレットは1度あたたまると、冷めにくい性質があります。スキレットのまま食卓に出せば、長い時間、お餅の触感を楽しめます。また、お餅の表面もトースターで焼くよりもカリカリになりますよ。

今回はスキレットを使ったお餅のおつまみを2品紹介したいと思います。

ニトスキとは

二トスキの8インチと鋳物の蓋。

ニトスキとは、「お値段以上」のキャッチフレーズでお馴染みのニトリが販売しているスキレットです。コスパに優れており、扱いやすいのでキャンパーの間でも人気の商品です。今回使用したのは8インチ(19cm)のニトスキです。2人分ほどの料理を作るのに最適なサイズです。749円(税込)で販売されています。ニトリからは他にも、ソロで使用するのにちょうどいい6インチ(15cm)のニトスキも499円(税込)で販売されていますよ。

ニトリからは鉄製のスキレットの蓋も販売されています。私は鋳物の蓋が欲しかったので、別メーカーの蓋を購入しました。

スキレットで餅を焼く時の注意点

スキレットで調理すれば、外はカリカリ、中はもっちりした感触に仕上がります。

スキレットは熱伝導率が良く、普通の鉄製フライパンと比べて厚みがあることから、蓄熱性にも優れています。一度加熱してしまえば、後は余熱でも調理ができます。

熱伝導率が良い分、強火で餅の調理をすると焦げやすいので注意が必要です。

はじめに強火でスキレットをあたためたら、弱火にしてから餅を乗せてください、蓋をして餅の内側にじっくりと火を通すように調理します。

餅入りじゃがいものガレット

材料 (2人前)

材料。

・切り餅2個
・じゃがいも小2個(200gほど)
・塩 小さじ半分
・コショウ 少々
・片栗粉 小さじ1
・粉チーズ 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

餅入りじゃがいものガレットの作り方

餅は火が通りやすいように細く切ります。

じゃがいもの皮をむき、薄くスライスし、5mmほどの柵に切ります。餅は1cmほどに細く切ります。

調味料と混ぜ合わせる。

じゃがいも、餅、調味料を全てまぜ合わせます。

オリーブオイルをひく。

スキレットにオリーブオイルをひき、強火で熱します。

具材を円形に整えます。

スキレットが十分にあたたまったら、具材を入れて形を整えます。

表面に焦げ目がつきました。

弱火~中火にして、表面に焦げ目がつくまで3分ほど焼きます。

ヘラを使ってひっくり返し、弱火~中火のまま蓋をし、2分ほど焼きます。

できあがり。

できあがりです。

スキレットのまま召し上がってください。餅の表面はカリカリ、内側はもっちりとした感触を味わうことができます。ジャガイモもフライドポテトのようにカリカリになっており、控えめな粉チーズの風味が食欲をそそります。

レシピは薄味なので、しっかりとした味がお好みならば、塩や粉チーズの量を増やして調節してくださいね。

餅のネギ焼き

材料。

材料 (2人前)

・切り餅 3個
・ネギ 1本分
・ウインナー 2~3本
・とろけるチーズ 適量
・ゴマ油 適量

餅のネギ焼きの作り方

カットした食材。

ウインナーを1cmほどにカットし、ネギを刻みます。

強火で食材を炒める。

スキレットにごま油を引き、強火でウインナーとネギを炒めます。

火が通った具材。

ウインナーに火が通り、ネギがしんなりとしたら、具材をスキレットから他の皿へ移します。

スキレットがあたたまったら、弱火にして餅を焼く。

スキレットにごま油を再度引き、火を強火にしてスキレットをあたためます。スキレットが十分にあたたまったら、弱火にして餅を並べ、蓋をしてじっくりと焼きます。

焦げ目がついた餅。

焼き色がついたら裏返し、再度蓋をして、もう片面も焼き色がつくまで火を通します。

餅の上に具材を乗せます。

餅の両面に焼き色がついたら、炒めておいたネギとウインナーを餅の上に乗せ、その上にチーズを乗せます。

チーズがとけたらできあがり。

再び蓋をしてしばらく放置し、チーズがとけたらできあがりです。

お餅に、ごま油とネギの香ばしい風味とチーズがよく合います。こちらもシンプルな味付けなので、醤油や食べるラー油などをかけても美味しく召し上がることができますよ。

おわりに

スキレットで調理すれば、中はもちもち、外はカリッとした餅に仕上がります。スキレットは冷めにくいので、餅も硬くなりづらく、食卓に出した後もゆっくりと召し上がることができるので、おつまみにも最適ですよ!お手軽なレシピなので、是非試してみてくださいね。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事