ワンバーナーキャンプ飯!手軽で美味しい鶏胸肉のカオマンガイ

2020.12.07

私が書きました!
料理家
さとう あい
宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子供と海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課。

しっとりジューシーな鶏胸肉で作るお手軽キャンプ飯

冬キャンプでのご飯は、暖かいテントの中で楽しく食べられる料理が良いですよね。鶏胸肉はキャンプ飯でもオススメの節約食材ですが、今回はこの鶏胸肉を使っておかずとご飯を同時調理できるカオマンガイをご紹介します。鶏肉の旨味が染み込んだご飯と、エスニック風のタレをかけた蒸し鶏が相性バツグンのレシピです。

パサつきがちなイメージの胸肉も、ポイントをおさえれば、しっとりジューシーに仕上がるので、ぜひキャンプ飯にご活用ください。

材料(2〜3人前)

今回使用した食材です

鶏胸肉 1枚(300gほど)
生姜 1片
にんにく 1片
米 2合
サラダ油 適量
水 400ccほど
スイートチリソース お好みで

<鶏肉の下味>
砂糖 3g(鶏肉の1%の分量を目安に)
塩 5g(鶏肉の1.5%の分量を目安に)
酒 大さじ1
ごま油 小さじ1

<タレの食材>
ナンプラー 小さじ1
砂糖 小さじ2
醤油 大さじ2
水 大さじ1
長ねぎ 15cmほど

鶏肉をたくさん入れて調理したい方は、2枚ほど入れても良いと思います。その際は、下味の分量を2倍量にしてください。

事前準備

鶏肉は皮付きのままでOKです。

保存袋に鶏胸肉、鶏肉の下味の調味料を入れます。鶏肉に下味をあらかじめつけることで、胸肉のパサつきをおさえてくれます。

しっかり密封しましょう。

調味液をよく揉み込んで、2時間以上漬け込みます。自宅仕込みとしてこの作業をして、翌日キャンプ場で調理するとしっかり味が染みて美味しいです。

タレに漬け込むと、長ねぎの辛味がやわらいで旨味がアップします。

タッパーなどに、みじん切りにした長ねぎを入れ、タレの調味料を入れて混ぜます。

タッパーは、汁物の持ち運びに便利なスクリュータイプのものがオススメです。

このふたつの工程を、事前準備として自宅で行なうと、キャンプ場での調理作業が少なくなるのでオススメです。

作り方

生姜は皮付きのままでOKです。

にんにくは薄くスライスし、生姜は千切りにします。

薬味をたっぷり入れると身体を温めてくれる効果がアップしますよ。

鍋にサラダ油と、にんにく、生姜を入れて炒めます。

米のぬかが気になる場合は、ザルで振るってから入れましょう。

薬味の香りがするまで炒めたら、米を入れて炒めます。パラッとした仕上がりにしたいので、米は洗わずに入れます。

米の吸水時間がないので、手軽に作れますよ。

米が半透明になるまで炒めたら、水を入れます。

鶏肉は中心に置くと火が均等に入ります。

漬け込んでおいた鶏肉を漬け汁ごと入れます。皮面は上にしましょう。

美味しそうに炊きあがりました。

蓋をして沸騰するまで強火で加熱します。沸騰して蓋の横から蒸気が出てきたら、弱火にして12分加熱します。鶏肉を2枚使用した場合は、加熱時間を15分にしましょう。

時間が経ったら、蓋をしたまま15分蒸らし時間をとります。すぐに蓋を開けてしまうと鶏肉がパサパサになってしまうのと、米に芯が残ってしまうので注意しましょう。

しっかり蒸らした鶏胸肉は、とてもジューシーで美味しいですよ!

ワンバーナーで手軽にワンプレートキャンプ飯が完成しました。

蒸らし時間が終わったら、鶏肉をお好みのサイズにカットして、ご飯とともに器に盛りつけます。用意したタレをかけて召し上がってください。タレはサラダとの相性も良いので、野菜にかけても美味しいです。寒い時期のキャンプでは、身体を温める温野菜などを添えて食べても良いと思います。

スイートチリソースをプラスしてかけても、エスニック風の味付けになって美味しいですよ。

ワンバーナーキャンプ飯は、冬キャンプにもオススメ

冬キャンプは、カーペットやラグに座りながら暖かいテント内でぬくぬく過ごしたい!という方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介したカオマンガイは、食材を入れて加熱すれば完成するお手軽レシピです。寒い冬キャンプで、テント内に料理を持ち込んで取り分ければ、皆が楽しめるご飯なので、ぜひお試しください。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事