キャンプのおつまみにピッタリ!手軽でかわいいピンチョス5選

2020.09.15

私が書きました!
フリーライター
ゆうな
料理・お酒・アウトドア好き。食材の特徴を活かした調理法や旬を味わうレシピを考え、日頃より料理を満喫中。レシピ記事を中心に執筆するフリーライター。

見た目も楽しい!色とりどりのピンチョス

豪快な料理を作ることが多いキャンプですが、たまにはかわいらしいキャンプ飯はいかがですか。今回は、特別な食材を使わず、簡単かつおいしいピンチョスのレシピをご紹介します。

食材の特徴を活かし、それぞれ違う味付けになってるので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

マッシュルームのアヒージョ風ピンチョス

コロンとしたかわいらしいピンチョス。

材料

  • マッシュルーム
  • ミニトマト
  • ハーブ塩
  • オリーブオイル

作り方

  1. マッシュルームの芯をスプーンなどでくり抜き、そこにオリーブオイルを垂らす。
  2. オリーブオイルをひいたフライパンで、マッシュルームとミニトマトを焼く。
  3. 火が通ったらつまようじに刺し、ハーブ塩をかけて完成。

片手で手軽にアヒージョの味わいを楽しめるピンチョス。オリーブオイルの風味とマッシュルームの香りがたまりません。丸っこいフォルムもかわいらしく、テーブルを華やかに飾ります。

とうもろこしとチキンのバター醤油ピンチョス

牛肉や豚肉でも代用可能です。

材料

  • とうもろこし
  • 鶏もも肉
  • バター
  • 醤油

作り方

  1. とうもろこし、鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。
  2. バターを溶かしたフライパンで、とうもろこしと鶏もも肉をしっかりと焼く。
  3. 火が通ったらフライパンに醤油を加え、全体にまんべんなく絡める。
  4. 味がしっかりと絡んだら、つまようじに刺して完成。

キャンプ飯の代表的な食材、とうもろこしと鶏もも肉を使ったピンチョスです。幅広い層から愛されるバター醤油は、肉にも野菜にも相性がバッチリ。噛めば噛むほど、鶏もも肉のうまみが引き立ちます。とうもろこしの甘みが良いアクセントになり、お子さまも気に入ること間違いなしです。

小エビとブロッコリーのサラダピンチョス

大きなエビでも!

材料

  • 冷凍小エビ
  • ブロッコリー
  • お好みでマヨネーズまたはドレッシング

作り方

  1. 冷凍小エビは流水解凍しておく。
  2. 解凍した小エビとブロッコリーを焼く。
  3. つまようじに刺して完成。食べるときはマヨネーズをつけて。

マヨネーズで食べる、シンプルなサラダ風のピンチョス。プリッとしたエビとコリコリのブロッコリーが楽しい食感に。マヨネーズの代わりにお好きなドレッシングをつけてもおいしくいただけます。

ミニトマトのベーコン巻きピンチョス

しっかり巻いてください。

材料

  • ミニトマト
  • ベーコン
  • とうもろこし

作り方

  1. ベーコンの中心にミニトマトを置き、くるりと巻く。
  2. ベーコンで巻いたミニトマト、とうもろこしを焼く。
  3. 焼き目がついたら、とうもろこしをそぎ切りにする。
  4. そぎ切りにしたとうもろこし、ベーコンで巻いたミニトマトをつまようじに刺して完成。

ベーコンは、ほんのり焦げ目をつけるのがポイント。口の中ではじけるミニトマトとベーコンのジューシーさがマッチし、口いっぱいにおいしさが広がります。とうもろこしをそぎ切りにするときは、火傷に注意してください。

ピーマンチーズのピンチョス

ありそうでなかった組み合わせ!

材料

  • ピーマン
  • カマンベールチーズ

作り方

  1. ピーマンは軽くあぶり、表面に焼き目をつける。
  2. 一口サイズに切ったカマンベールチーズとピーマンをつまようじに刺して完成。

ピーマンのほろ苦さをまろやかなチーズが包み込み、絶妙な味わいに。カマンベールチーズにしっかりと味がついているので、ピーマンは素焼きがおすすめ。プロセスチーズでも代用可能です。カマンベールチーズとは違った食感を楽しむことが出来ますよ。

ピンチョスでキャンプ場を華やかに

つまんで食べる料理のことを表す「ピンチョス」。片手で手軽に食べることができ、おつまみやおやつにもピッタリです。キャンプで使うような食材を少し工夫するだけで、いつもと違ったキャンプ飯を楽しむことが出来ますよ。

シンプルな味付けのため、食材本来のおいしさもしっかりと感じられます。ぜひ、お気に入りのピンチョスを見つけてみてくださいね。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事