寝台列車気分で楽しめるキャンピングカー「北斗対座モデル」は2人旅にピッタリ | BE-PAL

寝台列車気分で楽しめるキャンピングカー「北斗対座モデル」は2人旅にピッタリ

2020.11.23

OMC社は東海道本線を運行していた寝台急行列車「銀河」や上野―青森間を運行していた夜行列車「北斗」など、鉄道由来のネーミングを採用したキャンピングカーを製造しています。北斗については、ロングセラーモデルとして定評もあり、ハイエースのワイドボディミドルルーフをベースにした2人旅仕様のキャンピングカーとなっています。

OMC「北斗 対座モデル」

今回紹介するのは、「北斗」に新たに追加された「対座モデル」。従来の北斗はセカンドシートを廃し、右サイドに横向き3人がけのソファ&シートを配置。また、左スライドドア側には机とイスが備わりちょっとした書斎としても使える設計。一方、対座モデルのほうはというと左側に単座のセカンドシートとサードシートが搭載されました。これにより、セカンドとサードシートで対面してテーブルを囲むことが可能になりました。左側は従来どおりとなっており、北斗が乗車定員5人なのに対し、対座モデルのほうは7人に増えています。

FASPのセカンドシートとサードシートを利用してシングルベッドに展開でき、常設2段ベッドと合わせ3人就寝が可能。シングルベッドのサイズは2070×550mm

とはいえ、就寝については3人がけソファ部分を2段ベッドに展開して使用し、2人就寝というのは変更なし。ただ、セカンドとサードシートをフラットにして1人用のエクストラベッドにもなり、計3人の就寝定員としています。

寝台車気分が味わえる 2段ベッド。ベッド長は1900mmとたっぷりで、ダブルだと疲れてしまうというカップルにはオススメ。奥に見えるのはオプションのエアコン。室内全体が効率的に冷えるので夏場を中心に活躍

室内は寝台列車の個室のような雰囲気で包まれ感があり、2人旅で使うなら、2段ベッドにしたまま、向かい合って食事や休憩ができるのが大きな魅力となっています。

移動時や休憩時は上段ベッドのマットを背もたれに利用し、3人がけのシート&ソファとしてくつろげます

セカンドを反転させてテーブルをセットし、サードシートと向き合って休憩や食事が可能。シートの高さも低く、車窓からの景色も楽しめるのがいい

また、荷室と居住部分がしっかりと仕切られているところにも注目。荷室部分は荷物置き場としてはもちろんのこと、キッチン機能が集約されていて冷蔵庫や電子レンジ、シンクが備わっています。冷蔵庫下にはポータブルトイレを収納できるスペースになっていて、万が一のときにはトイレルームとしても活用できます。リビング側からの往き来がしやすいのもポイントです。

居住部分と荷室がしっかりとわかれた2ルーム仕様。動線が中央にあって往き来もしやすい

そんな荷室ですが、床部分に掘り下げ加工がなされ、室内高1600mmを確保し、8ナンバー登録(キャンピングカー登録)を実現。また、オプションである車載用クーラーの室外機をインストールできるようになっています。

ワイドボディのため全幅1880mmと余裕があり、2人旅の荷物なら十分に積載可能。また、ペットとの旅でもペット専用ルームとしても活用できる

右のキッチンキャビネットにはシンクをはじめとした水まわりを格納。奥の壁面にはオプションのエアコン(65万円)と配管を取り付けた際も目立たないよう工夫がされている

左キャビネットには40L冷蔵庫に電子レンジ、ポータブルトイレを搭載。リビングとマルチルームをしっかり分けたことでより快適に車内で過ごすことができる

フロア下を掘り下げ加工。収納庫として使えるのはもちろん、左側はクーラー用室外機の装着ができるようになっている。クーラー装着の場合、ディープサイクルバッテリーは3個に変更される

対座モデルは2人旅をより優雅にしてくれる、使い勝手の高さが魅力的なモデルといえるでしょう。

価格:484万円(税別)〜
問OMC www.omc-camper.co.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンピングカー 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンピングカー 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。