歴史を刻んだ名キャンピングカー「アレン」の記念モデルが限定発売

2020.07.29

キャンピンがカーのなかで、国産キャブコンバージョンを牽引してきたベース車両のひとつにマツダ・ボンゴトラックが挙げられます。

デビューは1999年で、なんと発売20年ものロングセラーモデル。全長約4.3m、全幅約1.6mというコンパクトなボディサイズは日本の道路事情にマッチし人気を博していましたが、マツダが商用車の自社開発から完全撤退ということで8月に生産が終了することとなりました。

AtoZ ALEN30

ボンゴトラックをベースにしたキャンピングカーは数多いですが、なかでも「アレン」と言えば、2001年にデビューし話題となったモデルのひとつ。そんなアレンを製造するエードゥゼット社の創立30周年とボンゴの生産終了を兼ねて今回「アレン30」として限定発売されることになりました。

「アレン30」は当時のものを焼き直した復刻モデルというワケではなく、一体成型によるFRPボディを新たに設計し採用。高強度を持たせつつ、質感も大幅にアップしているのが特徴です。後方の窓形状をはじめ、両サイドに外部収納扉を備えるなど、使い勝手も向上しています。

室内についてはインテリアコーディナーターのMAKOさんが手がけ、ブルーを基調とした爽やかな「Astyle」とブラウンを基調にしたシックな「B style」をラインナップ。Room(部屋)とFine(快適)からの造語である「roofin(ルーフィン)」をコンセプトに居心地のいい空間を実現。

最後部に常設の2段ベッド、中央にリビングとキッチン、前方にはフロントシート上部にバンクベッドという定番のレイアウトを採用し、カップルでもファミリーでも使いやすいような設計です。

常設2段ベッド部分には外部収納扉を備えており、アウトドアグッズなど荷物の出し入れもしやすい。ベッドサイズは1700×700mm

リビングと常設2段ベッド、バンク部とで合計6人の就寝が可能。リビングにある2・3列目シートは前向き乗車が可能で移動中も快適。展開したときのベッドサイズは1930×1150mm

バンク部分は引き出し式ではなく、跳ね上げ式台座を採用し、移動中での荷物の飛び出しも防止。ベッドサイズは2050×1600mm

また、装備についてもルーフファンをはじめ、キッチンには電子レンジや49ℓ冷蔵庫、電装系も1500Wインバーターに走行充電システムなどが標準になっており、充実した仕様になっています。

ダイネットやキッチン、後部の常設2段ベッドの上には収納庫を装備。バンク部分も含め、収納スペースは豊富かつ容量もたっぷりあるので、長期間のクルマ旅でも困らない

エントランス脇にイタリアのIndel B社の49ℓ冷蔵庫をビルドイン。外からのアクセスもしやすい。キッチンには引き出し式シャワーフォーセット付きのシンクや電子レンジも装備

ボンゴトラックをベースにしたキャンピングカーの集大成。車両価格は438万円〜。限定モデルなので欲しい人はお早めに!

問い合わせ先
AtoZ   https://atozcamp.com/

構成/伴 隆之

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンピングカー 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンピングカー 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事