旭川のガラス作家と木工作家の共同作品『木Glass』のぐい呑みと片口。

ぐい呑みペアは、台座もぴったりフィットするデザイン。

  • ぐい呑みペアは、台座もぴったりフィットするデザイン。
  • 「素材を牛耳るデザインではなく、素材に寄り添うデザインでありたい」と菅井淳介さんは願う。

酒器にこだわる。それが男の粋。

日本酒は冷やか冷酒。グラスで呑みたい。
そんな諸兄は木Glass(キグラス)が粋だ。
泡が渦状に巻き付いているようなデザインのぐい呑みは、さわやかにキュッといけそう。
サンドウィッチ技法と呼ばれる高度な吹きガラスの技法を用いて、
ガラスとガラスの間に泡の層をつくりあげた。 台になっているのは北海道のエンジュの木。
一体化しているように見えるが、木の部分はあくまで台としての機能。
グラス自体は円錐形をしているので、この木台にすっぽりとおさめなくては自立しないという寸法だ。

片口も同様。よりフレキシブルなフォルムをしていて、手びねり感ならぬ、吹き加減で自在に表現されている。
一度片口に移してから呑めば、よりお酒の香りが広がるのだ。

製作しているのは、「淳工房」。
1986年、ガラス作家の菅井淳介により、旭川市北西の旭岡地区に設立された。
ガラス工芸が専門だが、旭川の木工作家と共同でこの木Glassシリーズを生み出し、
代表作のひとつとなっている。

 

淳工房|木Glassぐい呑みペア&片口 

【スペック】

ぐい呑みは幅15×奥行き7.5×高さ8cm(木台含む)、約60cc(一客)。

片口は幅13.5×奥行き9×高さ13.5cm(木台含む)、約150cc。

グラスはソーダガラス。木台は天然木(エンジュ)。

日本製。

※天然木を使用しているため、ひとつひとつ木目や色合い、形状が異なります。