HARIO|コールドブリュー コーヒーピッチャー

アイスコーヒーを家庭でおいしく。

日本のどの喫茶店に行っても、ブレンド、アメリカン、そしてアイスコーヒーはある。

それだけ、アイスコーヒーは国民的な飲み物といえるだろう。

 

文字通り、冷たいコーヒーなのだが、その淹れかたにはいくつかある。

まずはホットコーヒーを淹れる要領でドリップし、

落とすサーバーなどに氷を入れておいて、急激に冷やす方法。

 

もうひとつ、もっと簡単なのがコールドブリュー。

挽いたコーヒー豆を水に浸けておき冷蔵庫に置いておくやり方だ。

この方法だと、タンニンやカフェインが抽出されにくく、

渋味や雑味をおさえて、マイルドなコーヒーに仕上がる。

 

「HARIO」の「コールドブリューコーヒーピッチャー」ならば、

ストレーナーが付いているので、本当にコーヒー粉を入れて水を注いでおくだけ。

完成後、ストレーナーを抜き取れば、そのままピッチャーになるので、

あとはグラスに注ぐだけ。

日本人が大好きなアイスコーヒー。

ホットコーヒー並に、つくり方にもこだわってみては?

 

HARIOとは

コーヒー器具で世界的に有名なHARIOだが、

実は日本国内で唯一の耐熱ガラス工場を持っているガラスメーカーである。

 

1921年の創業当時は、理化学品を製造販売しており、

戦後、ガラス加工の技術を活かしてコーヒーサイフォンの製造を始める。

 

HARIOの耐熱ガラスに使用する原料は、100%天然鉱物を精製。

製造過程で発生する泡を残さないようにする「泡切り剤」にも、天然塩を使うなど、

重金属を一切使用していない。

安心・安全・環境保全というものづくりを心がけているメーカーだ。

 

「HARIO」というブランド名は、

ガラスの王様「玻璃王(はりおう)」から名付けられている。

 

【スペック】

幅152×奥行き103×高さ310×口径88mm。容量は1ℓ(約8杯分)。

耐熱ガラス、ステンレス。日本製。