HARIO|耐熱ガラスドリッパー オリーブウッド

ドリップしている時間はジンセイに向き合う時間…なんちゃって。

自宅でコーヒーを淹れたい。

そうなると、ドリップタイプがスタンダードになるわけだ。

コーヒーに向き合う時間が長くなるので、コーヒーのことがよくわかるようになるし、

自分の淹れ方次第で味が変わることを感じるようになるだろう。

 

でも! なるべくウマイほうがいい。ならばHARIOの「V60」シリーズを選べば安心だ。

なんと70以上の国と地域で使われているというワールドスタンダードなのだ。

 

V60ドリッパーの特徴は、まず円すい形。

深いコーヒーの層ができて、お湯が長く粉にふれるので、

しっかりと成分を抽出してくれる。

次にスパイラルリブ。ペーパーとドリッパーの密着を防ぐことで、

空気の抜ける空間ができるので、スムーズに淹れられる。

最後に大きな1つ穴。

お湯を注ぐ速度によってコーヒーの味を好み通りに変えられる。

 

HARIOの耐熱ガラスドリッパーは、電気溶解で溶かしたガラスをプレスして成型される。

ガラス原料を重油ではなく、電気によって溶かすという独自の技術開発に成功したのだ。

これによって工場では煙突が不要になった。

1972年以来、HARIOの工場は煙突のない工場となり、

働く職員や周囲の環境にも配慮したものとなっているのだ。

美味しくて安心安全、これ以上なにが必要か。

 

hario_ドリッパーのガラス検査_700x500

 

HARIOとは

コーヒー器具で世界的に有名なHARIOだが、

実は日本国内で唯一の耐熱ガラス工場を持っているガラスメーカーである。

1921年の創業当時は、理化学品を製造販売しており、

戦後、ガラス加工の技術を活かしてコーヒーサイフォンの製造を始める。

HARIOの耐熱ガラスに使用する原料は、100%天然鉱物を精製。

製造過程で発生する泡を残さないようにする「泡切り剤」にも、天然塩を使うなど、

重金属を一切使用していない。

安心・安全・環境保全というものづくりを心がけているメーカーだ。

HARIOというブランド名は、ガラスの王様「玻璃王(はりおう)」から名付けられている。

 

hario_factory-introduction-dripper_700x500

 

【スペック】

1~2杯用は直径120×高さ77×口径97mm。

1~4杯用は直径120×高さ95×口径115mm。

オリーブウッド、シリコン。計量スプーンが付属。

日本製。