Kalita|銅ポット

喫茶店のマスター気分で しっぽりドリップタイム

ドリップコーヒーを淹れるときにお湯を注ぐドリップポットは、

コーヒー器具のなかでも後回し、もしくはおざなりにされがちだ。

しかし、コーヒーを好きになっていくほど、

お湯の注ぎかたが重要であることがわかってくる。

そしてそれを可能にするポットの重要性が。

 

細く少しずつお湯を出せるものが必要になってくるわけだが、

もちろん「Kalita」のポットは注ぎやすさはバツグン。

なかでも銅ポットはクラシカルな質感が他にない雰囲気だ。

 

銅は熱伝導率が高いことが特徴ですぐにお湯がわく。

ハンドルが銅のままのタイプなので、お湯を沸かすと、ハンドルも熱くなる。

だからグローブが必要になってくるのだが、

それも合わせてコーディネートするのが楽しいのだ。

これを愛用したいという人のなかには、

すでにTurkのフライパンや南部鉄器の鉄瓶など、

ある意味“不便な”なものを使っている人も多いだろう。

それらも含めてコーヒーカルチャーを楽しもう。

 

【スペック】

満水容量は600ml。銅。日本製