「蒸かまど」で、つやつやごはんを炊く!福島県昭和村『とある宿』 | 宿 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 「蒸かまど」で、つやつやごはんを炊く!福島県昭和村『とある宿』

    2016.01.29 体験!個性派ゲストハウス松鳥むう

    「以前は裏にある神社の宮司さんの家だったんですよ」。たしかに、窓の向こうに神社が見える。徒歩30秒ほどの距離だ。「だから、家の中にも・・・ホラッ!」
    toaruyado-012

    廊下の突き当たりの扉。なんと! その中にミニ神社がすっぽりと納まっているではないか!冬季は外の神社が雪で埋まるからなのか?「以前、お客さん言われたんです」。麻弓さんが語りだす。「神社は人が集まる場所。昭和村の人口が減って、この神社周辺も人が減ってきたトコロに、この『とある宿』ができた。きっと、神さまは人が集まるコトを願っていたんですよ・・・って」。

    toaruyado-013

    看板とミニランタン。アウトドア心をくすぐられる。

    村内外から、たくさんの人と気もちが集まる場所。それは、きっと、あるじの麻弓さんがほわほわしたオーラでたくさんの人を惹きつけるからなんだと思う。だから、神さまは麻弓さんとこの家を引き逢わしたのだろうなと。私も惹きつけられた一人。春夏秋冬、すべての季節を『とある宿』で過ごしてみたい。そう思わずにはいられない。

     

    『とある宿』

    住所:福島県大沼郡昭和村小中津川宮原1044
    TEL:0241-57-3131
    料金:ドミトリー5,000円/泊(寝具、夕・朝の食材費込み)
    ※冬季(10月下旬~5月上旬)暖房費別途300円
    営業:基本的に木・金・土・日・祝日営業(冬季は、金・土営業、詳細はHP参照)
    アクセス:JR只見線会津川口駅からバスで約30分。
             または、会津鉄道会津田島駅からバスで約40分
            (会津田島駅発着のバスは12~3月運休)
    http://www.toaruyado.com/

    松鳥むう

     

     

     

     

    イラスト・文・写真/松鳥むう(まつとり・むう)
    イラストエッセイスト。離島とゲストハウスをめぐる旅がライフワーク。今までに訪れたゲストハウスは100軒以上、訪れた日本の島は76島。その土地の日常のくらしに、ちょこっとお邪魔させてもらうコトが好き。著書に『島旅ひとりっぷ』(小学館)、『ちょこ旅沖縄+離島』『ちょこ旅小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅瀬戸内』(いずれも、アスペクト)などがある。
    http://muu-m.com/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 宿 』新着編集部記事

    「#千葉フォルニア」の雰囲気を味わえる!鴨川の絶景グランピング施設がオープン

    2022.05.25

    鎌倉の山と海を楽しむ新拠点。「BIRD HOTEL – GARDEN HOUSE – 」オープン

    2022.05.22

    旅の雨に抗わず、沖縄・小浜島「はいむるぶし」で家族と楽しむスローなひととき

    2022.05.12

    専用サウナ&バーベキューが楽しめる至福の時間を!楽天プロデュース、富士河口湖の注目プライベートヴィラ

    2022.05.09

    焚き火の香りが心地よい。長野の自然と調和する「ホテルインディゴ軽井沢」誕生

    2022.04.01

    Airbnbが選出!SDGs達成のヒントとなる、サステナブルな滞在体験ができる宿11選

    2021.10.12