無駄のないフォルム。世界最軽量の焚き火台 | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 無駄のないフォルム。世界最軽量の焚き火台

    2019.10.20 BE-PAL公式通販

    火床がメッシュの軽量焚き火台が近頃人気だが、その中でもブッシュクラフトの「ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 ver.1.0」は、世界最軽量を謳っている。フルサイズ(一般的な30~40cmの薪が置ける焚き火台=1500㎠以上)としては……という条件付きだが、たしかに軽い。352gという重さは350mlの缶ビールより軽い。軽さの秘密は4本のフレーム(2本の脚と2本のサイドバー)をチタンにしていること。焚き火台といえばオートキャンパー用のアイテムというのは昔の話で、徒歩のバックパッカーでも当たり前に持ち運べる時代になったのである。だって缶ビールを1本諦めれば済むのだから(缶ビールが諦められない人は、水筒の水を350ml減らしてください)。

    なお、火床の端にはハトメ穴が空いていて、そこに串を立てかければ、串焼きを楽しむことができる。また、別売りの脚2本をメッシュの上に装着すれば、その脚にゴトクや焼き網を渡しかけて料理をすることが可能だ。

    8,800円+税

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 ver.1.0

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    コスパ・使い勝手に優れる5つのおすすめ着火剤!火おこしに不慣れな人、必見

    2022.08.28

    ソロキャンから大人数にも対応!焚き火台「マクライト」は携行も簡単

    2022.08.22

    廃材を再利用!サスティナブルな「チャイハネ」の着火剤

    2022.07.29

    高さの変えられる五徳と長方形のクッカーが斬新! カナダの焚き火料理システム

    2022.07.15

    初心者にもオススメ!使い勝手に優れた「Alpen Outdoors」の焚き火台&テーブル

    2022.07.04

    焚き火におすすめの陣幕7選。選び方や設営方法・利用シーンも

    2022.06.12