釣りやソロキャンプにいかが!? 極小の包丁&まな板セット | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2019.05.07

    釣りやソロキャンプにいかが!? 極小の包丁&まな板セット

    この写真、手が大きいわけではない。包丁とまな板が小さいのである。包丁は刃長5cm。まな板は縦8cm×横16cm。ビーパルと土佐の鍛冶屋トヨクニが企画した「ミニミニ調理セット」である。

    以前トヨクニに取材に行ったとき、「グレ釣りナイフ」という小さなナイフを見せていただいた。それがちょうどこの包丁と同じくらいのサイズだったと記憶している。グレ(関東ではメジナ)は高知で人気の釣魚だが、釣ったグレのはらわたを出したり、うろこを落としたりするためのものだという。このミニ包丁も釣った魚をその場で処理するのにもってこいだ。最近はやりのソロキャンプの料理にも重宝するだろう。

    まな板にも注目したい。私は釣りやソロキャンプのときに薄いベニヤ板をまな板として使っているが、強風で飛ばされて海に落として失くしたことが2回、誤って割ってしまったことが1回ある。このミニまな板は厚さが1.5cmあるので、薄いベニア板よりは風に飛ばされにくいし、割れにくい。サワグルミの無垢の板なので質感もよい。末永く使い続けられる。

    伝統的な打ち刃物を作るトヨクニだけあって、この包丁もちゃんと鋼をハンマーで打って鍛えていて、丈夫で切れ味がよい。刃は両刃。

     

    4,860円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    ミニミニ調理セット
    https://www.pal-shop.jp/item/A55905002.html

     

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12