エプロンにもなるグリップスワニーの焚き火ベスト | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2019.04.15

    エプロンにもなるグリップスワニーの焚き火ベスト

    グリップスワニー/ファイヤープルーフ エプロン ベスト

    万一火の粉が飛んで生地に付着しても溶けることなく炭化して燃え上がりにくいグリップスワニー独自の難燃素材を採用。フリーサイズとはいえ、両サイドに身幅調節可能なジッパーが付いているので、防寒着の上から着るときでもキツくなる心配はない。

    ●サイズ=フリー(前丈52cm、後丈58cm、身幅58/63cm)
    ●カラー=オリーブ

    THE BEST of キャンパーズ VESTだ!

    キャンプ場に着いたら、まずは寝床となるテントの準備。そしてリビング、キッチンのセットアップ──。こうした一連の作業のとき、このベストを着ていると作業効率がバツグン!

    なぜなら、テントやタープ設営に必要なハンマー、ペグなどを入れておける大きなポケットが付いている。また、焚き火に必要なナタやグローブ類も入れておける。

    そしてしかぁ〜も! 前身頃内側の留め具をはずすと、生地がぺろりっと広がってエプロンにもなっちゃうのだ。サイトセッティングが終わったら、設営道具を焚き火道具と調理道具に入れ替えるだけでOK。すぐさま“焚き火調理人”に変身できるというわけ。使用素材はもちろん難燃生地だから、焚き火作業も安心。

    サイト作りから焚き火、調理まで、スムーズにこなす姿ってカッコイイよね。そんな頼もしいキャンパーを目指す人にだんぜんお薦めしたい、THE BEST of キャンパーズ VEST だ。

    前面のオーガナイザーに加え、背面にも底マチを装備した超大容量のポケットが付いている。

    前身頃内側にロールアップされている生地を広げると、ナント! エプロンに早変わり。焚き火から調理までシームレスに使える。

    独自のFIRESHIELDはコットン100%ながら自己消火性に優れた難燃素材。

    グリップスワニー/ファイヤープルーフ エプロン ベスト:¥13,800
    スワニー販売
    https://www.grip-swany.co.jp/

    ※構成/坂本りえ 撮影/永易量行

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)/マクライト2 

    2024.06.20

    “熾火”を思いっきり楽しめる薄暮舎の「熾火台」はこだわりのデザインと手軽さが魅力!

    2024.06.18

    A Productの焚き火台「iron oven」レビュー!ピザやステーキも楽しめるオーブン機能付き

    2024.06.17

    気軽に焚き火を楽しみたい!を叶える折りたたみ式焚火台「Butterfly Fire Stand」はいかが?

    2024.06.15

    ベルモントの焚き火台「TABI」の魅力を解説!超軽量&コンパクトで料理にもピッタリ

    2024.06.12

    100均の焚き火シートを活用!ダイソー・セリア・キャンドゥ各社のシートを紹介

    2024.06.11

    焚き火ベストは何が便利?おすすめのポイントと商品を余すところなく紹介!

    2024.06.02

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25