お値段264万円~!三島ダイハツの軽キャンピングカー「クオッカ ジャパンディ」はソロ活仕様だ | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2024.05.23

    お値段264万円~!三島ダイハツの軽キャンピングカー「クオッカ ジャパンディ」はソロ活仕様だ

    オーストラリアのパース海岸からすぐに位置するロットネスト島に生息する、人なつっこい性格で、世界一幸せな動物ともいわれている「クオッカ」。そんな動物が車名の由来の軽キャンピングカー「クオッカ」。

    4つのトランスフォーメーションボックスとテーブルを組み合わせてレイアウトが変更できる「クオッカ」を筆頭に、6つのトランスフォーメーションパレットとサイドベンチで構成される「クオッカ ワナビー」に続き、第3となるモデル「クオッカ ジャパンディ」が誕生しました。

    RVの達人・伴 隆之のキャンピングカーレビュー

    ひのきを使用

    珍しいダイハツ・ハイゼットパネルバンをベースに、富士ひのきを使った家具類が特徴の「クオッカ」シリーズ。

    シリーズ第3弾はソロ車中泊仕様

    ベース車は全車共通で、ダイハツのハイゼットトラックなかでも大変珍しいパネルバンがベース。 配送や配達などで使用されるパネルバンを架装し、驚きのキャンピングカーに仕立てられています。製造は静岡県にある三島ダイハツで、新車ディーラーでありながらキャンピングカーの製造・販売も行っています。さらに、3月15日には静岡県・裾野市に広大なショールーム兼、RVパークである「CAMPINGCAR GARDEN(キャンピングカーガーデン)」をオープン。車両を実際に見たり触れたり、ユーザーなら宿泊もできる、人気のスポットとなっています。

    それではクオッカ ジャパンディを細かく見ていきましょう。

    素材を厳選して使う人に配慮した優しい作り

    外観

    三島ダイハツ「Quokka Japandi」。乗車定員:2人/就寝定員:2人

    クオッカ ジャパンディのコンセプトは「ひとり旅仕様」。兄弟モデル同様にインテリアには地元「富士ひのき」を使用。これに加えて、壁と天井にはドイツの塗装用下地壁紙「ルナファーザ」を新たに採用。ルナファーザは紙と木が原料になっており、これにより通気性や透湿性がアップ。さらに結露によるカビの発生も抑制するという効果が得られるようになりました。

    またルナファーザを使った下地へホタテの貝殻が原料の漆喰塗装を施工し、シックハウス症候群を予防してくれるという、使う人の健康を考えた「人に優しい作り」が魅力となっています。

    天井

    下地にルナファーザを用い、その上にはホタテペイントによる人に優しい作り。ホワイトの天井や壁で開放感と清潔感もたっぷり。

    北欧風と和風をミックスしたインテリア

    室内は1人仕様ということもあり、右側に棚兼ベッドを配置。標準装備となるベッドマットには定番のウレタンではなく、反発力と通気性に優れたファイバーマットを新採用。一見するとマットの薄さが気になりますが、実際に横になってみると反発力がしっかりとあって寝心地も快適でした。おまけにこのファイバーマットは手入れがしやすく、耐久性があるのも特徴となっています。

    基本的には1人仕様ですがフロア部分でも1人就寝できるので、段違いの高さで2人が就寝することも可能です。

    ベッドマット

    棚の上には標準装備のベッドマットが備わる。ベッドサイズは1850×500mm。

    ほかの標準装備としてはスライド可動式のLED照明が4個あるほか、100Ahのサブバッテリーに走行充電器など電装システムも装備しており、納車後すぐに車中泊が楽しめる仕様になっています。

    さらに豊富なオプションも用意しており、暑い夏でも涼しい車載用DC12Vクーラーに冬場の必需品であるFFヒーターといった快適装備、さらには200Ahリチウムイオンサブバッテリーや家電を使い人向けに1500Wインバーターといった電装システムなど、旅のスタイルに合わせて拡張できるようになっています。

    ひとり旅やペットとの旅で、居心地よく健康にも配慮した1台。気になる価格は264万円〜。

    バックドア

    上下分割式のバックドア下段はオリジナルステーにより、カウンターテーブルとしても利用可能。

    LED照明

    4個あるスライド式LED照明。任意の位置で固定でき、角度調整もできるので便利。

    操作盤

    フロントシート後ろの上部に集中スイッチを配し、操作も楽々。

    収納ボックス

    収納ボックスはフロントシート背面に設置。就寝時はサイドテーブルとしても活躍。

    電装システム

    ベンチ下は収納スペース。ここに電装システムが収まる。写真はオプションのリチウムイオンバッテリーを搭載。

    車載用クーラー

    オプションで車載用クーラーの設置も可能。夏場の車中泊も驚くほど快適でペットとの旅にもお薦め。

    2重窓

    インテリアは北欧×和風のミックスをテーマに製作。リヤとサイドのアクリル2重窓はオプション。

    荷室左サイドのキャビネット

    荷室左サイドのキャビネットはオプション。小物の整理似便利な棚や天板部分をテーブルやデスク代わりに使える設計。

    水まわり

    オプションのキャビネットにはシンクと蛇口といった水まわりの搭載も可能。洗面や歯磨きなどに便利。

    吸排気ベンチレーター

    車内の空気循環に便利な吸排気ベンチレーターはオプション。

    問)ミシマダイハツ

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。他誌にて全国のRVパークを巡り、その魅力を紹介中。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18

    夢の周遊旅へ!ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする方法・注意点を紹介

    2024.06.12

    500泊したキャンピングカー旅で厳選!欠かせない&あると便利なおすすめ車中泊グッズ10選

    2024.06.10

    ハイエースキャンピングカーの内装をチェック!おしゃれ・DIY風・モダン…注目モデル8選

    2024.06.09

    ハイエースのキャンピングカー「カリカver.」で憧れのバンライフを叶えよう!

    2024.06.08

    車中泊におすすめのテーブル10選!用途に合った設置方法を選ぼう

    2024.06.07

    車中泊用扇風機で快適な旅を!選び方やおすすめモデルを9個紹介

    2024.06.06