サイクリングにはBLUE LUGのハンドルバッグがおすすめ! かわいくて収納力もばっちり | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自転車・MTB

    2024.05.15

    サイクリングにはBLUE LUGのハンドルバッグがおすすめ! かわいくて収納力もばっちり

    サイクリングで、あると便利なのがハンドルバーバッグ。とっても可愛いデザインでお気に入りなのが、BLUE LUG(ブルーラグ)の「handlebar pouch(ハンドルバーポーチ)」です。

    もともと、子ども用に販売された商品ですが、大人でも愛用している人はいます。その魅力を紹介しましょう。

    BLUE LUGのhandlebar pouchの特徴

    かわいくてシンプルなデザイン

    BLUE LUGのhandlebar pouch

    コヨーテカラー。

    handlebar pouchの最大の魅力は、なんといってもその可愛いデザイン。

    上の写真のカラーはCoyote(コヨーテ)ですが、素材やカラー違いで全部で8種類のデザインがあります。自分の好みに合わせて選ぶことができます。

    バッグの構造自体は、ファスナーとハンドルに取り付けるためのベルクロ(マジックテープ)、そしてループがついているだけ。内ポケットなどもなく、非常にシンプルなつくりになっています。シンプルなので、使い方に迷うこともありません。

    いろいろな自転車に簡単に取り付けられる

    ハンドルにつけたhandleber pouch

    取り付けた状態。

    取り付けは、上部についた2本のベルクロをハンドルに付けるだけで簡単に完了します。

    またコンパクトサイズなため、ロードバイクにありがちな「ハンドルバッグが前輪にこすれてしまう」というトラブルも起きません。 

    クロスバイクにつけたhandleber pouch

    クロスバイクにも合う。

    クロスバイクや、幼児用のキックバイク、子ども用の自転車にも取り付けることができます。

    いろんな場所に取り付けできる

    フレームにつけたhandlebar pouch

    フレームにも。

    「ハンドルバーポーチ」というネーミングで販売されていますが、ハンドルだけでなく、いろんな場所に取り付けることが可能です。

    たとえば、フレームのトップチューブに取り付けることもできます。

    サドルに取り付けたhandlebar pouch

    サドルのレールにも!

    さらに、サドルのレールに取り付ければ、サドルバッグとしても使うことができます。

    子ども用とは思えない収納力

    handlebar pouchとさまざまなアイテム

    収納力はたっぷり。

    “子ども用”とあなどるなかれ、サイズは横約19cm、マチ約11cmの大きさ。ウィンドブレーカーやアームカバー、補給食などを入れることができてしまいます。

    もちろん、財布やスマホも余裕で入ってしまう収納力。

    ただし、バッグには芯がなく、固くない素材なので、あまり重いものを入れると形が崩れてしまうことがあります。注意しましょう。

    斜めがけでサコッシュ風に

    斜めがけにしたhandlebar pouch

    斜め掛けにした状態。

    別売りの「マルチショルダーコード」や、手持ちのストラップを利用すれば、斜めがけにしてサコッシュのように使うことができます。

    収納力もあってシンプルな構造なので、使い勝手もとてもいいですし、ゆるいフォルムがいい雰囲気を演出してくれます。

    ストラップにカラビナをつければ、取り外しも簡単です。ライド中はハンドルポーチとして、自転車を降りたらサコッシュとして、なんて使い方もできてしまいます。

    BLUE LUGのhandlebar pouchで楽しいサイクリングを!

    可愛くて収納力も抜群なBLUE LUGのhandlebar pouch。

    こんなにかわいいバッグと一緒なら、子どもも大人も、みんなテンション上がりますよね。

    handlebar pouchと一緒に楽しいサイクリングに出かけませんか?

    私が書きました!
    アウトドアガイド・ライター
    すー(鈴木 隆)
    日光市生まれ日光市育ち。40代で脱サラ後に、カナダに留学して退職金を使い果たす。帰国後は観光関係の仕事をしつつ、アウトドアガイドとしても働く日々を送っています。キャンプ、登山、ロードバイク、トレランなど外遊びが趣味で、楽しく働いて生活することをモットーとしています。

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    子供はもちろん、大人でも参加OK!無料でBMXレースの基礎が学べる方法があった

    2024.05.12

    電動アシスト自転車が人気のCYCOOから、折りたためる電動アシスト自転車が登場!

    2024.05.06

    ロード系ミニベロ3選|高性能で爽快な走り心地がたまらない人気の自転車

    2024.04.26

    グルメも観光スポットも紹介!輪行で楽しむ三浦半島横断サイクリングのすすめ

    2024.03.28

    人気のマウンテンバイク13選。街乗りにもオススメ!高コスパモデルも紹介

    2024.03.26

    自転車ペダル老舗メーカーのアウトドアブランド「シルバンワークス」のソロテーブルが超いい感じ!

    2024.03.22

    バイクパッキングの積載力をアップする便利なプレートが登場!バッグがもっと積めるぞ

    2024.03.03

    大好きな自転車をDIYで壁掛けに!ホムセンや100均を駆使して作り上げた居心地重視の趣味部屋

    2024.02.28