キャンプには「腰鉈」ならぬ「サコ鉈」がおすすめ!火おこし道具や調理道具も一緒に | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • バックパック・バッグ

    2024.05.16

    キャンプには「腰鉈」ならぬ「サコ鉈」がおすすめ!火おこし道具や調理道具も一緒に

    『BE-PAL』のオリジナルブランド「BE-PAL OUTDOOR PRODUCTS」は、新潟県の刃物ブランド「越乃火匠 久八」とともに、鉈とサコッシュという珍しいセットを開発した。

    サコッシュで持ち運ぶという新発想

    山仕事のプロが鉈を腰に下げている姿はかっこいいが、キャンプ中にずっと腰に下げているのもわずらわしい。もっとスマートな運び方はないものかと考えて開発したのがこのセット。薄型の鉈と薄型の革サコッシュの組み合わせだ。

    バッグの中に鉈

    マチなしの薄いサコッシュにフルタングの薄い鉈。

    ナタを出し入れ

    開口部が広いから出し入れしやすい。

    フルタングだから薄いけど、丈夫

    鉈は、刃とハンドル部分が一体となったいわゆるフルタング構造。ハンドル部分はパラコードを巻いただけなので、木製の柄の鉈とくらべると、鉈全体がかなり薄くできている。

    薪を割る

    フルタングの鉈なので打撃に強い。バトニングで安全に薪を割ることができる。

    鉈以外の焚き火道具も収まる

    この鉈を収めるサコッシュは、薄い鉈に合わせてマチがなく、横長となっている。革のサコッシュそのものが珍しいが、この薄型横長という形となると、類似品はめったにないはずだ。鉈を入れてもまだ余裕があるので、折りたたみノコギリなどの焚き火道具も入れられる。車の荷室のすき間にサコッシュごとスッと差し込んでおけば、現場についてすぐに火おこしを始められる。

    道具を収納

    鉈のほか、のこぎり、ライター、火吹き棒、ファイヤースターターを収納。すぐに火おこしにとりかかれる。

    料理やテント設営のお供にも

    鉈には、刃部分をおおうだけのコンパクトな鞘(ケース)が付属しているので、サコッシュに入れなくても危なくない。だから、サコッシュのほうには、鉈以外の別のもの、たとえば調理道具などを入れてもOKだ。ペグとハンマーを入れれば、テントやタープの設営にも役に立つ。

    ケース

    スリムな鞘(ケース)。フラップをボタンで固定できる。

    道具を収納

    まな板、柳刃包丁、菜箸、竹串、トングを収納。革なので尖った道具を入れても破れにくい。

    モデルが着用

    革の表面はなめらかな手触り。使いこむほどにやわらかくなり、色も深みを増していく。その変化を見るのも楽しみだ。

     

    ※この商品は[通販サイト]「小学館百貨店」から購入できます。

    久八 コンパクト鉈&レザーサコッシュ/BE-PAL OUTDOOR PRODUCT  22,000円(税込み)

    https://lifetunes-mall.jp/shop/g/gA55406001/

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    GREGORYのロングセラーバックパックにコンパクトで機能的な新モデルが登場

    2024.05.28

    この三角形が使いやすい!アウトドアでおすすめのショルダーバッグを紹介

    2024.05.17

    ハイカーに人気のデイパック「Thule AllTrail」が、タウンでも使いやすくなった!

    2024.05.15

    街でもデイキャンプでも!軽量でおしゃれ、保冷機能も抜群なソフトクーラーバッグを発見

    2024.05.14

    パーゴワークス「RUSH 10」愛用レビュー!トレランのバックパックエントリーモデルはこれだ

    2024.05.12

    ドライバッグ11選|雨の日や、川海などのレジャーに欠かせない防水バッグ

    2024.05.05

    マックパックとはどんなブランド?特徴やおすすめモデルを紹介

    2024.05.04

    ソロキャンプ向けリュックおすすめ16選!売れ筋の人気モデルを紹介

    2024.04.28