素材感は?快適性は?パタゴニアの定番「クアンダリー・パンツ」新作を履いてみた! | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2024.05.02

    素材感は?快適性は?パタゴニアの定番「クアンダリー・パンツ」新作を履いてみた!

    丘を登る

    パタゴニアのパンツは、本格トレッキングから普段使いまで幅広いシーンに向けたものを展開している。中でも、ハイク向けのパンツシリーズ「クアンダリー・パンツ」はド定番の人気アイテムだ。今年に入って、同シリーズに新モデルが登場したので、早速穿いてみた。

    アウトドアもジョギングも楽しめる楽ちんパンツ

    パンツ全体

    「メンズ・クアンダリー・ジョガーズ」¥16,500

    今回履く商品に触れる前に「メンズ・クアンダリー・パンツ」について軽く紹介しよう。こちらはDWR(耐久性撥水)加工とUPF40+のUVプロテクションが備わったハイキングモデルで、晴天時からある程度の雨天までいろんなシチュエーションで快適に履けるように開発された。

    素材は、リサイクルされた廃漁網から作られた素材「ネットプラス・ポストコンシューマーリサイクル・ナイロン」とポリウレタンを混紡したもので、前者は魚網をリサイクルした繊維を採用。しかも、撥水加工の原材料はPFASを一切使わないものを使うなど、徹底して環境に配慮している。

    パンツの後ろ

    腰から裾にかけて緩やかにテーパードがかかる。

    リブの寄り

    ジョガーパンツに必須の裾のリブ。

    そんなモデルに、ジョガーモデルが新登場。ジョガーとは「ジョギングをする人」という意味で、裾にリブを付けて走っていても足元がもたつきにくい構造になっている。こちらはほかのジョガーパンツと比べてリブが狭く、ナチュラルなデザインになっているのが特徴。

    伸縮チェック

    伸縮性もバッチリ。

    生地にポリウレタンが4%入っていることもあり、生地の伸びは想像以上! ゴムほどとは言わずとも、思った以上の伸縮性があり快適だ。

    ウエストバンド

    ドローコードを内蔵したウエストバンド。

    バックポケット

    ファスナー付きのバックポケット。

    サイドポケット

    右太ももにスマホが入るほどのポケット付き。

    移動時のパンツのずれ落ちを防ぐウエストのドローコードや、ちょっとした小物を収納できるサイドポケットなど、細かいところに配慮した機能も備える。

    ウエストの内側

    ウエストにはメッシュ生地を配置。

    D環

    右ポケットにはキーループを装備。

    それ以外にも使い手が快適に過ごせるように、ウエストやポケットにメッシュ生地を配して通気をよくしたり、鍵や小さいカードホルダーなどを引っかけられるキーループを付けたりと、ディテールにもこだわりが見られる。

    実際に「メンズ・クアンダリー・パンツ」を穿いてみた

    歩行中

    脚にフィットするフォルムで、アウトドアパンツ感をあまり感じさせない。

    機能を紹介したところで、次に実際に穿いた感想を紹介。筆者は普段Mサイズのパンツを穿いており、「メンズ・クアンダリー・パンツ」も同じMサイズをチョイス。

    撥水チェック

    撥水性はバッチリ!

    海外ブランドなのでひとつ下のSサイズでもいいのかな? と思ったが、穿いてみるとウエスト回りはタイトな作りとなっており、Sだと腰が入りにくくかった。Mはジャストサイズ。カラーは3色展開のうち、ツリーリングブラウンという茶系のものを選んだ。

    かがんだ状態

    かがむとストレッチが利いてストレスなし。

    登っているところ

    ストレッチのおかげで登り坂も楽勝。

    フィールドで使ってみると、ストレッチ性がいい役目を果たし、膝の屈折や坂の登り降りなど、激しい場面で快適だった。また、レングスが長いので、椅子に座ったり坂を登ったりしても裾が上がる心配もない。これならキャンプで肌を露出したくないときも安心だ!

    気になったのは2点

    フォルム、シルエット、生地感など、個人的にはどれをとってもバランスがよく使いやすいパンツだった。ただ気になったのが2点。

    1点目は、レングスがやや長いこと。これは海外ブランドの商品なので仕方なく、また長いことで膝の屈折時に足元の露出が減らせるメリットもあるのだが、筆者の場合あまりに脚が短いことから、足元のダボつきが目立つと感じた。しかもリブがあることで、裾上げができない。

    対策としては、リブを外側ではなく内側に織り込むこと。内側に長く織り込むほどレングスが短くなるので、その分ダボつきがなくなっている。裾をカットするとリブの修復ができないため、カットしたくない人は試してみよう。

    2点目は、ジッパーフライ(前開き)がないこと。クライミングやランニング系のパンツならよくあるのだが、普段使いとなると、特に男性なら少し不便と感じる人もいるかもしれない。

    快適性重視のパンツがほしい人にぴったり!

    パンツの横

    アウトドアから普段使いまでシームレスに使いたいと思う人が増えている昨今。パタゴニアの「メンズ・クアンダリー・パンツ」なら、まさにどこにでも穿けるパンツとしておすすめできるアイテムだ。

    商品概要

    パタゴニア「メンズ・クアンダリー・パンツ」

    価格:¥16,500
    サイズ:XS〜XL
    カラー:3色(ブラック、ツリーリングブラウン、バクホーングリーン)

    商品の詳細はこちら

    私が書きました!
    『ロウホウ』代表
    小川迪裕
    アウトドア&ファッションメディアの編集者、ライター、コンテンツディレクター。雑誌、WEBメディアの編集と執筆に加え、ブランドのホームページやブックレットの製作も行う。日産・エクストレイルの上にルーフトップテントを載せて車上泊をするのがキャンプスタイル。愛犬のジャック・ラッセル・テリアと旅をするのが今の夢。https://www.michihiro-ogawa.com/

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24

    大定番VS最新製品どっちがおすすめ?ウィンドシェルをプロがチェック

    2024.05.18

    春夏の登山にうれしい!finetrackのベースレイヤーに新色&半袖タイプが登場

    2024.05.18

    大雨にも耐える耐水圧10000㎜!GRIP SWANYのレインウェアで雨の日もソト遊びを楽しもう

    2024.05.17

    プリマロフトはどんな素材?特徴やおすすめジャケット・手袋を紹介

    2024.05.11

    アウトドアウェアはおしゃれで機能的!人気ブランド11選&おすすめアイテムを紹介

    2024.05.09

    【決定!】2024年7月7日(日)「BE-PAL SUV試乗会」をPICAさがみ湖で開催します

    2024.05.09