夜のキャンプで目印に! 潜水艦でも使われているというおすすめ「蓄光ギア」 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2024.04.14

    夜のキャンプで目印に! 潜水艦でも使われているというおすすめ「蓄光ギア」

    BE-PAL創刊編集長が、手ごろで機能に優れ、日々の暮らしやアウトドアライフに役立つアイテムをセレクト。今回は蓄光ギアをご紹介!

    数ある蓄光グッズの中でここのはピカイチ

    ペグに入れた様子

    蓄光グッズが出回るようになって、今や100均ショップにもあります。キーホルダー、ジップタブ、テープなどなど。暗がりで探す場合に、この蓄光パーツが付いていると助かります。

    ただ市販品にはかなり性能差があります。その点「DETAIL」という輸入会社が扱っているものは、蓄光能力が断トツ。最初に入手したのはU.S.A.製のUGM Tabという蓄光素材をレジンに入れたもので、"潜水艦で使用されている"というのが謳い文句でした。
     
    パーカのジップタブに付けているのですが、外から部屋に入るとすぐボーッと光ります。この硬いレジンではなくソフトな耐熱シリコンゴム製があります。「アフターバーナー グローリング」というドーナツ状のもので、"アメリカの捜索救助部隊の要請で作られた"そうです。
     
    サイズは直径2.5㎝で厚さ0.4㎝、穴は0.7㎝径、2.8g。1,980円(5個)と高めですがその価値はあります。シリコンなのでテント用のペグに差し込むことができ、夜に足を引っ掛けるのを避けられます。スタンドやぶら下がり電球(今は見かけませんが)のスイッチひもにも最適。
     
    懐中電灯などあらゆる光源から蓄光可能で最大で24時間発光とあります。なお、注意書きに「光源が明るい程蓄光時間が短くなります」だそうで、知りませんでした……。

    商品パッケージ

    問い合わせ先:ディテール TEL:06(6647)3101

    中村 滋 

    中村 滋 

    1944年生まれ。『BE-PAL』『DIME』『サライ』の創刊編集長。現在は「Cool Senior Magazine」を編集。www.csmagazine.jp/

     

    (BE-PAL 2024年5月号より)

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    バードコールで小鳥とあいさつを!おすすめモデルや作り方を紹介

    2024.05.30

    最大2mの水中で2時間使える!水辺アクティビティにもおすすめの骨伝導イヤホン発見

    2024.05.22

    トレッキング中ちょっとした雨をしのぐ、晴雨兼用の傘&レインハット16選!

    2024.05.20

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13