日産「キャラバンベース」の災害支援車がすごかった! 「東京オートサロン2024」レポート番外編 | サバイバル・防災 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サバイバル・防災

    2024.01.24

    日産「キャラバンベース」の災害支援車がすごかった! 「東京オートサロン2024」レポート番外編

    東京オートサロンの日産ブースに展示されていた「Disaster Support Mobile-Hub(ディザスター・サポート・モバイルハブ)」。今回はオートサロンレポートの番外編として、キャラバンをベースにした災害支援車のコンセプトで製作されたこの車両の機能に迫りたいと思います。

    「東京オートサロン2024」レポート【番外編】

    Powered Base for Pro

    昨年展示された「Powered Base for Pro」。

    「働くクルマ」を作るプロならではの視点で開発

    昨年の東京オートサロンで注目を集めた、キャラバンベースの「Powered Base for Pro」。日産自動車のこだわりが作り上げたこのコンセプトモデルは、キャラバンを使って仕事をする多くの人々の快適さを追求したもの。「仕事に、遊びに。本物のプロが選ぶ日産キャラバン」。このキャッチコピーのとおり、仕事のプロのための快適な空間を提案した1台は、キャラバンを使う『親方と弟子』という2人の設定で、仕事の道具を運ぶためのクルマ、仕事先でオフィスや休憩スペースの役割も果たすクルマとしての快適性や利便性を追求して製作されました。

    開発は日産自動車のグローバルアフターセールス商品開発エンジニアリング事業本部で、市販されてもおかしくないほどのクオリティと実用性を兼ね揃えており、市販化の声も大きいコンセプトモデルでした。

    Powered Base for Proの内装

    「ポータブルバッテリー from LEAF」を活用し、現場で働く人の利便性と快適性を向上。

    自治体などへの配備が望まれる、実用化が期待されるコンセプトモデル

    今回の「ディザスター・サポート・モバイルハブ」はモデル名を直訳すると「災害支援移動拠点」。緊急・災害時には支援や救援の拠点にもなる支援車両(Mobile-Hub)をコンセプトに開発されています。もう少し細かく言うと、災害時に自治体の施設などが使えない場合にでもその代役として補える機能を持たせられるよう、指令室や医務室、充電施設といった機能を搭載しています。

    見どころは数多いですが、まずは左スライドドアから。ドアは引き出し式に変更されており、収納棚が装備され、そこには20239月に発売した「ポータブルバッテリー from LEAF17500円)」が6台と30台ものスマホが充電できるチャージボックスを搭載され、充電スポットとして活躍。

    バッテリーチャージボックスを搭載

    左サイドのドアを引き出し式に変更し、そこにバッテリーチャージボックスを搭載。30台のスマホが充電できる。

    「ポータブルバッテリー from LEAF」を6台装備

    ドア内には「ポータブルバッテリー from LEAF」を6台装備。上部は収納庫。

    リアゲート部分も引き出し式にすることでスペースを拡大し、そこに1部屋設けることで簡易トイレスペースや授乳スペース、着替えスペースなどのマルチルームとして機能。ここは防音仕様なので安心です。荷室にある給水&キッチンユニットは外に出して簡易水道や簡単な調理場所として利用でき、ユニットを下ろすことで荷室部分は医務室や救護室として利用ができる設計。ここには昨年も展示されていた電子調光シェードが装備されています。

    ノーマルではセカンドシート部分にあたる車両中央部分は指令室となるべく、テーブルにはPCがセットされており、プリンターやホワイトボードに加え、衛星通信システムのスターリンクも搭載しインターネットによる情報の収集や発信できるようになっています。

    ユニット構成

    ルーフ一体式のリアゲートが後方へ伸びてスペースが拡大。荷室から簡易水道やキッチンなどのユニットを下ろして利用。

    拡張したスペースは防音仕様

    拡張したスペースは防音仕様で、マルチに使える設定。

    荷室部分は救護・医務室として利用

    ノーマルの荷室部分は救護・医務室として利用。

    車内中央は指令室

    車内中央は指令室で、シンプルかつ使い勝手は高い。

    この指令室をはじめ、車両には17台もの「ポータブルバッテリー from LEAF」を搭載し、避難時のライフラインをはじめ、さまざまな問題をサポート。昨年の「Powered Base for Pro」もそうでしたが、この「Disaster Support Mobile-Hub」も制作側のつよいこだわりが感じられる作りには脱帽。地震をはじめ災害の多い日本において、この災害支援移動拠点となりえるコンセプトカーがコンセプトにとどまらず、特殊車両などとして実用化されることを切に願いたいと思う1台でした。

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。他誌にて全国のRVパークを巡り、その魅力を紹介中。

    NEW ARTICLES

    『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

    家に、キャンプに、車に携帯したい!365gで最大100秒噴射「スティック型消火器具」がスゴい

    2024.06.03

    みんな大好き!? 挽き肉油焼きレシピ【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.12】

    2024.05.19

    セルビアのメスキットで豚肉のごった煮レシピ!【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.11】

    2024.05.13

    愛犬とのキャンプ時間で水彩スケッチに挑戦!【災害救助犬コアと家族の日記 Vol.15】

    2024.05.12

    家族で散歩をしながら被災シミュレーション! マイ"防災マップ"を作るポイントとは?

    2024.05.10

    DIYで、神ギアで、料理術で災害に備えるべし!アウトドアプロ5人の「生き抜くための知恵袋」

    2024.05.06

    元自衛隊・衛生兵が伝授!キャンプや災害時の強力アイテム「レスキューシート」活用術

    2024.05.06

    さばいどる かほなんと楽しく学ぼう!いざという時の「災害サバイバル術」

    2024.04.29